人気ブログランキング |

狛江店 青柳です。

狛江に異動して一ヶ月ですが、狛江は非常に面白い街です。

三ツ矢堂製麺 狛江店を、今後とも宜しくお願い致します。

e0173239_21342426.jpg




本題。

僕がラーメンを食べ歩く様になって10年ぐらい経ちますが、
今年はその中で、最も他店を食べ歩かなかった一年な気がします。

バイクが修理中という物理的な問題もありますが、
遠出してでも食べたいという魅力的なラーメンが、
今年は少なかった様な印象はあります。

その中で、最近ブログでラーメンネタが少なかったので、
まとめ的な意味合いで、僕が好きな東京のラーメンを、
ジャンル別にでも書いてみようかと思います。

それでは、どーぞ。








【醤油ラーメン】

e0173239_20354794.jpg

喜楽@渋谷 もやしワンタン麺

老舗の王道東京醤油ラーメン。
渋谷の街をプラプラしていると、たまに無性に食べたくなります。



【塩ラーメン】

e0173239_20364887.jpg

美学屋@東陽町 塩ラーメン

個人的に塩ラーメンはあまり食べないんですが、
その中でも美味しいなーと思ったらお店。
化学調味料不使用ですが、奥深いスープの味わいにこだわりを感じます。



【味噌ラーメン】 

e0173239_20371634.jpg

すみれ@新横浜ラーメン博物館 味噌ラーメン

札幌味噌ラーメンの一大ムーブメントを巻き起こした『すみれ』が、何とラーメン博物館に帰還!
久しぶりに食べましたが、ラードに覆われた熱々のスープと縮れ麺の最強コンビネーションは健在でした。



【豚骨ラーメン】 

e0173239_20375212.jpg

田中商店@六町 ラーメン

元々豚骨ラーメンが苦手だった自分が、初めて「これはうまい!」と思わされた豚骨の名店。
深夜営業を行っていて駐車場併設、隣にファミレスがあるので、
バイクで深夜にぷらっと行きたくなります。



【つけ麺(あっさり)】 

e0173239_20381746.jpg

九厘@お台場ダイバーシティ 野菜つけ麺

つけ麺業界の覇者、『六厘舎』が展開する別ブランド。
お台場のフードコート出店に合わせてなのか、
スープ濃度は一気に下げてあっさりと仕上げ、
大崎時代の六厘舎とは全く別物。
(別ブランドなので当たり前ですが)
価格も通常のつけ麺は650円とリーズナブルで、
トッピングの野菜を全面的に押し出すなど、
店主の三田遼生氏が敬愛する、東池袋大勝軒に近い印象を受けました。
子供やシニア世代にも幅広くアピールするあたり、
王者は地域別マーケティングをうまく使い分けているなーと感じました。



【つけ麺(こってり)】 

e0173239_20384826.jpg

和利道@池尻大橋 辛つけ麺(辛味別皿)

つけめんTETSU出身、今や本家越えを果たしたと評判の名店。
焼き石や魚介スープに浸かった熱盛りなど、TETSUのDNAを受け継ぎながら、
徹底してガラ炊きにこだわった濃厚なスープと、
細部まで見逃さないきめ細やかな接客で、フリークを虜にしています。
決して良いとは言えない立地ながら、開店から閉店まで行列が絶えないのも納得です。



【ワンタンメン】 

e0173239_2043619.jpg

八雲@池尻大橋 白だしワンタンめん

上記の和利道のすぐ向かいにある、ワンタンの名店。
透き通ったスープに、直巻きワンタン相性抜群の絶品。
中目黒店勤務の時に、ワンタンが無性に食べたくなった時は、よくココに行ってました。



【横浜家系(豚骨醤油)】 

e0173239_2046870.jpg

武蔵家@吉祥寺 ミニラーメン、ライス(食べ放題)、生卵

吉祥寺に住んでいる事もありますが、恐らく今年一番通ったラーメン店。
家系の王道である豚骨醤油ラーメンを、リーズナブルなプライスで食べさせてくれます。
ラーメンもそうですが、卓上のニンニクを投入したスープにご飯と生卵を入れて食べる、
『卵かけニンニクラーメンライス』が、漢の裏の最強メニューです。



【ラーメン二郎】 

e0173239_204789.jpg

ラーメン二郎@小金井街道店 小ラーメン(野菜ニンニクカラメ)

数多くの二郎中毒患者(ジロリアン)を輩出し続けるラーメン業界の異端児、ラーメン二郎。
店舗によってその味も量もサービスも大きく異なりますが、
その中でもジロリアンからナンバーワンの呼び声高い小金井街道店。
よっぽどの好きモノでなければ、オススメ出来ません(強烈すぎて)。



【二郎インスパイア】 
e0173239_20473792.jpg

千里眼@駒場 大豚ダブル(全増し)+辛揚げ

ふえるワカメの如く乱立が続く二郎インスパイアラーメン。
その多くがフェイクテイスト溢れるお店である事が殆どですが、
このお店は本家ラーメン二郎を越えているのではないかと思います。
唐揚げをもじった辛揚げ(天かすにスパイス粉をまぶしたトッピング)がナイス。



【激辛ラーメン】 

e0173239_204839.jpg

蒼龍唐玉堂 無頼漢坦々麺

際コーポレーションが展開する担々麺を押し出したブランド、蒼龍唐玉堂。
僕は辛いもの好きで蒙古タンメン中本の冷やし味噌もわりと余裕ですが、
これはさすがに完食出来ませんでした。。



【殿堂入り】 

e0173239_2050019.jpg

べんてん@高田馬場 辛つけ麺(辛味別皿)

個人的な思い入れの強いお店ですが、
濃厚豚骨魚介つけ麺ブームが過ぎ去った今、
求められているのはこういった優しい味のつけ麺だと思います。
ありそうで無い、唯一無二のつけ麺を食べさせてくれる名店。





・・・僕が今年食べて感じたジャンル別のお店は、以上です。

ラーメン業界全体の特徴としては、
味噌ラーメン、塩ラーメン、背脂チャッチャ系のような、
豚骨ラーメンが伸び悩んでいる事。
また、つけ麺と二郎インスパイアの飽和状態が続いています。

その中で盛り上がりを見せた、
地方ラーメン店の大つけ麺博や東京ラーメンショーでのブース、
そして東京の有名ラーメン店のアジア進出が、
(山頭火、凪、けいすけ、せたが屋、一風堂など)
今年の大きな動きだったと思います。

今後は幅広い世代にアピールできる、
あっさりとしたつけ麺需要の拡大、
地方独自のラーメン店の東京出店、
そして東京の有名店の海外進出と成功が、
ラーメン業界の大きな話題になるのではと推測します。

実際、少子化が進む日本国内でのラーメン需要は限界があり、
現状は国内のラーメンはセルアウトしている印象を受けます。

今後は日本のラーメン店の海外での需要、
またそれに付随したジャパニーズ飲食ムーブメントが、
ますます面白そうですねー。

特にラーメンダイニングやつけ麺に関しては、
海外ではこれといった決定打が無い状態なので、
三ツ矢堂製麺の可能性を感じます。

今年は三ツ矢堂製麺フィリピン店もオープンしたので、
僕も機会があればフィリピンへ行ってみたいなーと思います。

来年は会社にとっても、個人にとっても、攻勢をかけていく重大な年になると感じます。



人間何をするにも体が資本なので、
皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

特にお酒の飲み過ぎには・・・(僕だけか)。



それではまた来月。

by mitsuyado | 2012-12-27 20:54 | aoyagi

青柳です。

今回は

「東京でオススメのラーメン店特集」

です。

自宅のある吉祥寺、職場のある目黒、中目黒中心に食べ歩いたのですが、
このあたりは以前に書いてしまったので(下記参照)、
今回はそれ以外のお店を中心に、ランダムに書きたいと思います。

目黒ラーメン&つけ麺マップ2010-2011
http://mitsuyado.exblog.jp/13718567/

中目黒ラーメン/つけ麺マップ2010
http://mitsuyado.exblog.jp/12660612/

吉祥寺ラーメンマップ2010
http://mitsuyado.exblog.jp/12075207

ラーメン二郎ランキング
http://mitsuyado.exblog.jp/11833552

つけ麺東京マイベストランキング2009
http://mitsuyado.exblog.jp/11989389

最近はあまりラーメン食べてないなーと思ったのですが、
膨大な量の写真が出てきたので今回も長いです。

それではどーぞ。

e0173239_438597.jpg
AFURI@恵比寿 塩ラーメン+だしかけご飯
→恵比寿で深夜29時まで食べる事が出来る人気店。

e0173239_4393332.jpg

BASSANOVA@新代田 鯛塩ラーメン
→グリーンカレーつけ麺なども提供しているお店ですが、個人的には塩がオススメ。

e0173239_440088.jpg

えん寺@吉祥寺 辛ベジポタつけ麺大盛り+チャーシュー
→ベジポタスープに胚芽麺が特徴のお店。個人的にこの辛味はツボです。

e0173239_440261.jpg
オーガニック・ラーメン道玄@高田馬場 黒山牛塩チャーギュウ麺
→全国の有機栽培生産者支援がコンセプト。無農薬野菜、無化調スープが特徴。


e0173239_4434473.jpg
くじら軒@新宿 塩ラーメン
→90年代から続く名店です。

e0173239_444842.jpg
くるり つけ麺
→濃厚な味噌つけ麺です。

e0173239_4443141.jpg

けいすけ@高田馬場 味噌海老ラーメン
→けいすけはその引き出しの多さにいつも驚かされます。

e0173239_4445847.jpg
こうかいぼう@門前仲町 ラーメン+肉ご飯
→このお店は味はもとより、接客が非常に素晴らしい名店です。

e0173239_4453726.jpg
さぶちゃん@神保町 半チャンラーメン
→半チャンラーメンはこのお店が元祖みたいです。昭和ノスタルジックな店内が良いです。

e0173239_4462661.jpg
せたが屋@野沢 海老ワンタンつけ麺
→2010年は何と麺が極太平打ち麺に回帰!最高です。

e0173239_4472799.jpg
たけちゃんにぼしラーメン@代々木 塩平打ちラーメン
→一時期煮干しにハマっていてよく通っていました。

e0173239_4474999.jpg
ちっちょ極@渋谷 つけ麺
→ホルモンつけ麺を提供するお店。土佐の食材を使ってるみたいです。

e0173239_4481471.jpg

ちっちょ極のおじやセット
→いやー、〆のおじやセット最高ですね。

e0173239_4484065.jpg
つけ麺102サクラサク@高円寺ラーメンストリート つけ麺
→大人気つけめんTETSU系列です。スープが創業時の千駄木TETSUとはだいぶ変わった気がしました。

e0173239_451383.jpg
つけ麺宏ちゃん@吉祥寺 辛つけ+ネギ
→高田馬場の名店「べんてん」出身、池上宏氏が開業したお店。

e0173239_4515081.jpg
なんつっ亭@品達 ラーメン
→マー油が効いたラーメン。

e0173239_4521942.jpg
ハレノヒ@中目黒 ミニムシケン(温野菜と蒸し鶏)

e0173239_4524572.jpg
ハレノヒ@中目黒 ベジポタ全部のせつけ麺
→中目黒のダイニングカフェ×つけ麺のお店。内外装のセンスが非常に素晴らしいです。

e0173239_4532552.jpg
ポークンヌードル内藤@初台 ラーメン
→初台の人気店、「嗟哉」の二毛作夜営業の二郎インスパイア。

e0173239_4542158.jpg
めんめんかめぞう@水道橋 ラーメン
→替え玉付きで500円のお得プライスが魅力的。オヤジさんの接客もナイスです。
e0173239_4552039.jpg
よし丸@高田馬場 特つけ麺大盛
→新規店。店内で作る麺と無化調スープが素晴らしいです。
e0173239_4591722.jpg
ラーメン大@西荻窪 ラーメン(油少なめ、野菜にんにく多め)+メンマ
→店舗展開を続ける二郎インスパイア。盛りが豪快です。

e0173239_4594442.jpg

らーめん亭@西永福 マーボーラーメン
→昔近所に住んでいたのでよく行ってました。昔ながらの落ち着く味。独特な接客のオヤジさんがナイス。
e0173239_503811.jpg

ラーメン二郎@神田神保町 大豚ダブル野菜マシマシニンニクオオメ
→個人的に二郎の中では神保町が一番好きです。しかしきつかった…。
e0173239_513934.jpg

阿佐ヶ谷大勝軒 つけ麺+魚粉+ビールのお供
→「ビールのお供」というネーミングセンスがナイス。
e0173239_524117.jpg

井の庄@石神井公園 辛辛魚つけ麺
→カップラーメンにもなった人気店。

e0173239_53860.jpg

井上@築地 ラーメン
→築地で朝5時でも食べれるラーメン。朝ラー出来ます。


e0173239_59972.jpg
永福大勝軒@永福町 ラーメン
→大量のスープと麺で一杯1000円越えのお店。僕はたまーに行きたくなります。

e0173239_5101589.jpg

我武者羅@初台 鯛出汁豚骨醤油ラーメン
→鯛を出汁に使った珍しいお店。焼き石もナイス。
e0173239_511917.jpg
吉左右@木場 味玉つけ麺
→某ラーメンポータルサイトで常に上位をキープするお店。接客が非常に良いです。
e0173239_5132684.jpg

鶏とふじ@南阿佐ヶ谷 塩ラーメン(野菜マシ)
→そのボリュームに驚かされますが、クオリティも高い名店。

e0173239_514236.jpg

紅葉@国分寺 つけ麺(太麺)+肉ご飯
→麺の種類を選べる国分寺の名店。

e0173239_5153658.jpg

渋谷大勝軒@渋谷 野菜つけ麺
→炒め野菜がナイスな大勝軒です。やっぱ炒め野菜は美味しい。

e0173239_5163189.jpg

春木屋めんめん@中目黒 ゆず塩つけ麺(あつもりスープ浸け)
→老舗春木屋の中目黒店は新メニューを続々投下してます。

e0173239_5165352.jpg

春木屋めんめん@中目黒 替え飯
→コレ!僕がやりたいメニュー、おじやセット。〆に最高です。おじやLOVE。

e0173239_5171585.jpg

神座@渋谷 雑炊ラーメン
→関西の人気店。飲み帰りの朝も営業しているのがナイス。

e0173239_5173563.jpg

仁鍛@白楽 つけ麺
→六厘舎出身のお店。

e0173239_5175663.jpg

勢得@千歳船橋 得勢つけ麺
→ここの麺は本当に美味しいです。一番好きかも。

e0173239_5182096.jpg

草むら(永福大勝軒の本家)@永福町 ラーメン
→以前近くに住んでいたのでよく行ってました。

e0173239_5192194.jpg

大つけ麺博@浜松町 道場×山岸コラボ
→大イベント、大つけ麺博で一番行列が長かったお店。

e0173239_520044.jpg

大喜庵@高円寺ラーメン横丁 うめもりそば(塩つけ麺)
→塩つけ麺で美味しいお店は貴重です。
e0173239_5214551.jpg

地雷源@中野 味噌ラーメン(裏七JIMMY)
→方南町から中野に移転した地雷源。大好きなお店の一つです。


e0173239_5222626.jpg

中野大勝軒@中野 野菜つけ麺
→東池袋系とは異なる中野流のつけ麺を提供しています。
e0173239_5234810.jpg

渡なべ@高田馬場 ラーメン
→久しぶりに食べました。極太メンマが凄いですね。

e0173239_5241057.jpg

東池袋大勝軒@聖蹟桜ヶ丘 つけ麺(野菜大盛)
→ラーメン二郎×大勝軒といった感じ。豊富なスパイスも◎。

e0173239_5243215.jpg

桃の木@新宿御苑前 ブルガリアつけ麺(麺にヨーグルト練り込み)
→せたが屋系列、店員が全員女性のお店。接客が非常に好印象でした。

e0173239_5245953.jpg

二葉@荻窪 味噌和えソバ
→荻窪では一番好きなお店です。

e0173239_5252347.jpg

二郎@上野毛 小ラーメン+ふりふりカレー(野菜ニンニク)
→二郎の26日限定ラーメン。

e0173239_5254550.jpg

二郎@新小金井街道店 小ラーメン(野菜ニンニクマシマシ)
→二郎の中では一番通っているお店です。

e0173239_5262984.jpg

斑鳩@九段下 ガーリックチーズ油そば
→アパレル出身の店主が作るラーメンは斬新です。

e0173239_5265469.jpg

風雲児@新宿 つけ麺
→イタリアン出身のイケメン店主が経営するお店。

e0173239_5271512.jpg

文蔵@三鷹 つけ麺
→三鷹エリアで一番人気のお店。

e0173239_5273463.jpg

北の大草原@曙橋 味噌ラーメン
→味噌の隠れた名店。


e0173239_5292820.jpg

麺屋武蔵@新宿 つけ麺
→言わずと知れた行列店。個人的にはラーメンの方が好み。

e0173239_5294776.jpg

六輪舎TOKYO@東京駅 辛つけ麺
→連日大行列のお店。大崎時代とはスープも麺も印象が違いました。

e0173239_5301393.jpg

翔丸@新大久保 塩つけ麺
→西荻窪から移転してもやっぱり好きです。










そして青柳の超個人的ランキングは…










◆第三位◆
○鷹流@高田馬場○

e0173239_5211039.jpg
白湯塩つけ麺
→塩つけ麺でこんなに美味い店がある事にびっくりしました。
非常に丁寧な仕事で、鶏の特性や扱い方を熱心に研究しているのでしょう。
無化調スープでこの味を出せるのは驚異です。










◆第二位◆
○田中商店@六町○


e0173239_5232972.jpg
ネギラーメン
→僕は正直白濁豚骨ラーメンが苦手なのですが、この田中商店で遂に開眼しました。
このお店のスープは豚骨を敬遠している方に是非、食べて欲しいです。
広い店内で席数も多いのですが、常に行列が絶えません。
深夜4時までの営業も嬉しいお店。










そして超個人的なこのランキングトップは…











◆第一位◆
○べんてん@高田馬場○

e0173239_6404025.jpg
辛つけ麺中盛り少なめ(辛味別皿)

e0173239_6412824.jpg
塩ラーメン

e0173239_6422027.jpg
味噌つけ麺(限定メニュー)

e0173239_6431030.jpg
味噌ラーメン(限定メニュー)
e0173239_6434971.jpg
油そば(限定メニュー)

e0173239_644102.jpg
瓶ビール(500円、おつまみ付き)

→個人的第一位は高田馬場の「べんてん」。
8年前ぐらいに初めて食べて、僕はこのお店がきっかけでつけ麺にハマりました。
ついつい通ってしまう、独特な魅力がこのお店にはあります。
限定系メニューは土曜日の朝や祝日に提供する事が多いのですが、
最近は時間が合わずなかなか行く事が出来ません…。
それでもビールを頼んでおつまみをつつきながら、
つけ麺を待つ時間は至福の幸せですね~。










…以上です。

一時期の

「極太麺×濃厚豚骨魚介」
「二郎&二郎インスパイア」

ブームもひと段落し、よく

「次は何が来るのか?」

と話題になっています。

「あっさり淡麗」
「白濁豚骨リバイバル」
「和えつけ」

色々な噂が飛び交っていますが、
個人的にはどれもいまいちピンと来ません。

極めて私的な意見ですが、
今年は手頃な価格でお得なセットメニューが楽しめる

「お手軽中華食堂系」

が来ると思っています。

製麺技術が進化し、製麺所の作る麺は驚くほどハイクオリティになりました。

新規店や、家庭でも驚くほど高品質な麺が楽しめる時代。

その一方で小麦の粉価改定や、鶏インフルエンザによる価格高騰により、
東京のラーメン店は値上げの一途を辿っています。
今やラーメン/つけ麺の平均価格は700円台~800円台、
トッピングをつけると1000円を超えるラーメンも珍しくありません。

もちろん「味」は重要な店舗評価基準の一つなのですが、それ以上に

「手軽に家族で楽しめるメニューと店内・商品・価格構成」

が、(特に地方で)必要とされているのでは無いかと思います。

某ラーメン雑誌で六厘舎の三田遼生氏も語っていましたが、今年は昔ながらの

「1000円でラーメン、餃子、半チャーハンを楽しめる、街の中華料理店」 

を、独自に進化させたラーメン業態が、業界主導権を握るのではないかと思います。

では皆さん健康で。

by mitsuyado | 2011-03-01 05:06 | aoyagi