人気ブログランキング |

BYO

山田です。

最近気になるお店があったので、行ってきました。

場所は渋谷区道玄坂の近くです。

かの有名なソムリエ 田崎さん曰く
「コストパフォーマンスと品質が素晴らしい」と絶賛しておりました。

ワインリスト
e0173239_17080779.jpg
なんとメーカー希望小売価格+999円で150種類以上あるワインをボトルで飲むことが出来るのです。

素晴らしい。

それだけでなく
e0173239_17093848.jpg
持ち込みも999円のチャージ料さえ払えば可能です。

この制度は「BYO」”bring your own"というもので
「お好きなお酒を持ち込んでください」という意味だそうです。

日本ではあまり馴染みのない制度ですが、発祥の地オーストラリアでは
そこかしこに「BYO」という文字が並んでいるそうです。

店内に置いてある最低単価は1500円程度でしたので、ボトルで2500円くらいで
楽しめますし、コンビニで売っている安価なワインを999円で持ち込んだり
自分の大好きなワインを999円支払って持ち込んだりと、各々の利用動機や
会の内容で使い分けが出来そうな、素晴らしい制度だと思います。

制度もそうですが、内装も魚河岸系でありながらも
テーブルの素材にはワインの箱をモチーフとした物を利用するなど
世界観が統一されておりました。

各階層ごとに若干の違いがあるのも、利用の幅が広がりそうですね。

内装もしっかりとしたコンセプトから派生しており
e0173239_17191813.jpg
違和感のあるこの半円形の木を
e0173239_17195132.jpg
取ることが出来ます。

そしてなんと
e0173239_17201806.jpg
ワインがすっぽりと入るのです。

ボトルを頼むと色々な対応をしてくれる店がありますが、これは初めてで
ボトルのラベルが見えないという弱点はありながらも「倒してこぼさない」という
最大のメリットがあります。

机も広く使えていいですね!

料理も
e0173239_17335662.jpg
カルパッチョ(M)

e0173239_17324355.jpg
白子とレンコンのフリット ブルーチーズソース
e0173239_17325296.jpg
マグロの生ハム

あと、写真には撮り損ねましたが、ブイヤベースが絶品でした。


総合的に非常に満足度が高く、利用動機も色々な形で使えるため
重宝しそうなお店だな~と思い、あとにしました。

世界には色々なことを考える人が居ることを知ると同時に
発想次第で可能性は無限にあるのだと痛感しました。

by mitsuyado | 2014-02-05 17:38