最近家系ラーメンとバブルファッションにハマっている、中目黒店の青柳です。

アルコールで傷んだ内臓に、クリーミーなこってり濃厚豚骨醤油スープが染み渡る。

更に〆にはライスを投入。

e0173239_22461647.jpg

武蔵家@吉祥寺 

うーん、デブの素。



もう一つハマっているのが、バブル(と呼ばれていた時代の)ファッション。

現在流行っている、2ブロックに黒ぶち眼鏡のタイトな70’sモードブームの次は、

着こなしによってある種下品とも捉えられがちな、バブルファッションブームが起きそうな予感がします。



それはファッション業界でもじわじわと広がりつつあります。

Dolce&Gabbanaは、野菜を前面にブリントアウトした、ド派手なアヴァンギャルドスタイルを提案。
e0173239_22551433.jpg


Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ 2012 ミラノコレクション)


店頭では、何と本物の野菜がディスプレイされています。

e0173239_2259586.jpg


D&G 公式
http://www.dolcegabbana.com/deg/




















うーん[・ω・`] マッドネス。




















・・・そんな野菜の数々を見ていたら、無性に野菜が摂取したくなり、行ってきました。

最近中目黒の康竜跡地に出来た、「麺屋 轟(とどろき)」!!!

e0173239_231391.jpg

外観

e0173239_2315314.jpg

メニュー

e0173239_232560.jpg

無料トッピング

e0173239_2322746.jpg

トッピング

e0173239_23242100.jpg

サイドメニュー

e0173239_232546.jpg

セットメニュー

e0173239_233997.jpg

デザート

e0173239_13405019.jpg

ラーメン L(野菜マシニンニクマシ)

e0173239_2332477.jpg

スタめん L(野菜マシニンニクマシ)

e0173239_2334265.jpg

唐揚げセット200円

e0173239_1342412.jpg

つけ麺 L(野菜マシマシニンニクマシマシ)

e0173239_13431828.jpg

つけめんは〆の雑炊が無料

e0173239_2262720.jpg

エビマヨ野菜まぜそば

e0173239_2341198.jpg

麺は浅草開化楼



このお店、ラーメン業界では有名な、浅草開化楼の謎の覆面営業マン、不死鳥カラス氏のプロデュース。

負死鳥カラスのラーメンブログ 「傾奇御免!さらに御麺!!」
http://w960.blog13.fc2.com/

自慢の麺は、二郎も使っている事で有名な、日清製粉「オーション」というパン用の強力粉を使用。
(ちなみに二郎は加水率低めのワシワシとした食感の麺ですが、こちらは加水率を上げもっちりとした印象を受けました)

サイドメニューの唐揚げセットや半チャーセット、餃子セットが200円と激安。

昔中華鍋でチャーハンを煽った自分としては、ついつい厨房を見てしまいます(チャーハンの煽りってけっこう大変なんですよねー)。

三ツ矢堂製麺ジロリアン代表を自負する自分ですが、味について細かいことは、この際割愛したいと思います。

気になった方は食べてみてください。

ちなみに昔書いたジロリアンブログはこちら(なつかしー)

豚がブタに恋をした(マイラーメン二郎ランキング)
http://mitsuyado.exblog.jp/11833552/



ここ最近、中目黒にも様々なラーメン店ができていますが、

その中でも中目黒には二郎インスパイア系のお店が全く無かったので、

若者の多い中目黒にあって、消費者ニーズを捉えた面白い展開を見せるのではないかと思います。

ちなみに茹で上げ前1kgのデカ盛りメニューもあるみたいです。

e0173239_23383472.jpg

大食いヴィーナス大学生 三宅さんプロデュース(麺量1kgサイズ 通称)"三宅盛り"

e0173239_23393651.jpg

す、凄すぎる・・・。



話が逸れましたが、これで中目黒も

・札幌味噌ラーメン
→キングコング
→味噌一

・昔ながらの東京醤油ラーメン
→春木屋めんめん
→久慈清商店

・今風お洒落系塩ラーメン
→AFURI
→ぷかぷか
→俺流塩ラーメン

・ラーメンダイニング系居酒屋
→框堂

・家系豚骨醤油ラーメン
→百麺

・あっさり・こってりワンタンメン
→広州市場
→八雲

・濃厚豚骨魚介つけ麺
→和利道

・デザイナーズ系創作ラーメン店
→麺屋 宗

・二郎インスパイア系ラーメン
→麺屋 轟

・あっさり豚骨魚介 柚子風味つけ麺
→三ツ矢堂製麺

と、現在のラーメンブームを代表する、ほぼ全てのジャンルが出揃った事になります。
(駅前一等立地型の激安チェーン店と、替玉無料系博多白濁豚骨ラーメンはありませんが)

昔書いた中目黒ラーメンブログはこちら(なつかしー)

【東京】中目黒 ラーメン・つけ麺ランキング【深夜営業】
http://mitsuyado.exblog.jp/12660612/

僕がこの中で好きなのは、百麺と八雲ですかねー。

しかし最近出店するラーメン屋やつけ麺屋は、どこか何かに似通っていて・・・、

僕はラーメン屋の新店は、ちょっと食傷気味です。

今までに見たことの無い様なビジュアル、斬新なシステム、唯一無二の味、

そんな業態、どこかないですかねー。

作っちゃったほうが早いかな?



今月の一冊

e0173239_234929100.jpg

「リピーターづくりのしかけ」 - 鎌田博次

「カネなし」 「ヒトなし」 「立地なし」

この三重苦を乗り越えるための案とヒントが散りばめられた作品。
目次を開いただけでも、興味深い言葉が並んでいます。

プロローグ 繁盛店はリピーターであふれている
【しかけ(1)】「会員限定」で心を揺さぶる
【しかけ(2)】「期間限定」で背中を押す
【しかけ(3)】「時間限定」でその気にさせる
【しかけ(4)】「数量限定」で買う気をあおる
【しかけ(5)】「即メール」の魅力でしかける
【しかけ(6)】「オリジナル」でしかける
【しかけ(7)】「シンプル」メールでしかける
【しかけ(8)】「トクトク感」でお客を呼び込む
【しかけ(9)】「サプライズ」で来る気にさせる
【しかけ(10)】「ゲリラ」メールでしかける
【しかけ(11)】お客さんとの「一体感」でしかける
【しかけ(12)】「キャラクター」でしかける
【しかけ(13)】お客さん「参加型」でしかける
【しかけ(14)】「比較テク」でしかける
【しかけ(15)】「無料」でしかける
【しかけ(16)】「割引」の魔力でしかける
【しかけ(17)】「雨の日割引」でしかける
【しかけ(18)】「イベント」でしかける
【しかけ(19)】「損して得とれ」でしかける
【しかけ(20)】「お得意様戦法」でしかける
【しかけ(21)】「裏メニュー」でしかける
【しかけ(22)】お客さんを「巻き込んで」しかける
【しかけ(23)】つい人に「しゃべりたくなる」しかけ
【しかけ(24)】「お友達」を連れてきてくれるしかけ
【しかけ(25)】「画像つき」メールでしかける
【しかけ(26)】「スタッフ」メールでしかける
【しかけ(27)】「記念日」にしかける
【しかけ(28)】メール会員に「名前」をつける
【しかけ(29)】「秘密」テクニックでしかける
【しかけ(30)】「愛情」メールでしかける



実はこの本、最近買ってまださらっとしか読んでいないので、
今度じっくりと熟読したいと思います。

それではまた来月。
[PR]
by mitsuyado | 2012-06-20 00:00 | aoyagi | Trackback | Comments(0)