謹 賀 新 年

e0173239_5255978.jpg


新年明けましておめでとうございます。 


三ツ矢堂製麺忘年会2009に始まり(普段あまり会えない人とも色々話せて楽しかったー)、年末年始はアルコールを恋人に暴飲暴食を繰り返した結果、76キロ→80キロの大台を記録した中目黒の豚です。いや青柳です。

今年は本格的にダイエットしますよ。いやホントに。

目指せ細マッチョ。がんばるぞー。



今回の年末年始は実家のある仙台には帰省せず、ここ数年恒例だったカウントダウンパーティーにも行かず、吉祥寺の自宅で兄と前々から企画していたあるパーティーを決行しました。

その名も

「世界のビールを喰らい尽くせ2009」!!!

e0173239_8582342.jpg


ナビゲーターは近くに転がってたエルモ君。それではどーぞ。

e0173239_6435248.jpg

Alhambra Reserva 1925 from スペイン 
アントニオ・ガウディーの建築物が頭をよぎるラテンな味。

e0173239_540183.jpg

COREDO KYARA from 埼玉
モンドセレクションiTQi二つ星受賞。風味高い麦芽の香り。後方に某アイドルグループのCDがあるのはご愛敬。

e0173239_5402071.jpg

ヒューガルデンホワイト from ベルギー
ベルギーワッフルが一世を風靡したかの国のBEER。オレンジとコリアンダーの香りが鼻をくすぐります。

e0173239_5412143.jpg

銀河高原ビール from 岩手
小麦色のトナカイが銀河鉄道の夜を駆け抜けます。

e0173239_5414377.jpg

にごり白生 from ベルギー 
純和風な名前なのにベルギー産。淡い粉雪を連想させる柔らかな風味。

e0173239_5424298.jpg

多摩の恵 ミュンヒナーダーク from 東京
MYホームタウン、吉祥寺といえばコレ(真偽は不明)   



世界のビールと言いつつ国内産が多いのはさておき、トータル15本ぐらいは飲んだ気がしますが、泥酔していた為写真が見つかったのは以上です。

結論としまして、労働者階級代表の自分的にはア○ヒのスーパード○イが一番肌に合うな、と改めて感じました。

ちなみにこの愛すべき麦酒達は吉祥寺の風物詩の一つ、LONLONという駅ビルで購入したのですが、不景気の影響かLONLONは近々無くなってしまうそうです、伊勢丹も無くなるし吉祥寺ラブの自分としては寂しいな。

でもそんな吉祥寺に近々三ツ矢堂製麺吉祥寺店が出来るという噂が…、とゆーか出来ます。

順調に進めば2月ぐらい?

吉祥寺はラーメン屋が30軒近くある激戦区ですが、つけ麺に特化したお店は殆ど無いので面白い事になると思います。

しかし世界は広い、勉強になりましたー。



そして新年一発目のつけ麺は虎にちなんでこの店に伺いました。

ライバル店の一つでもありますが…。

e0173239_5451676.jpg

麺屋武蔵 鷹虎 高田馬場店


昔訪れた時は鶏と豚のスープの割合を決められるユニークなお店だったのですが(例→鶏1:豚3、鶏4:豚0等)、そのシステムは無くなっておりシンプルな構成に。

麺は最近のつけ麺業界主流の低加水極太麵、スープはドロリとした濃厚な動物系主体のものに魚介をミックスしています。

とはいえ巷にありふれる流行りのつけ麺とは一線を画す、丁寧な仕事してますねー。

卓上にはこんなものが

e0173239_6163511.jpg


僕の大好きな海老唐辛子(美味しいんですねー、これが)&魚粉。
食べ進む途中で味の変化が楽しめます。

そして特筆すべきはコレ

e0173239_546172.jpg


麺を平らげた後に姿を現す鷹と虎の器。

細部にまでこだわりを見せ一切手を抜かない麺屋武蔵。

やりますなー。

三ツ矢堂製麺も負けられません。負けないぞー。



そうそう、三ツ矢堂製麺では「三ツ矢堂改革2010」(勝手に命名)と称して、現行商品を更にブラッシュアップしています。

まず味付玉子は以前の完熟玉子から半熟玉子に、一番人気のマル得トッピングのチャーシューは現在炙りチャーシューになっています。

正直手間暇のかかる作業ですが、今後も常にクオリティ向上を追求し2010年も駆け抜けますよ。

個人的に激オススメの限定メニュー

「カレーつけ麺」

e0173239_115294.jpg

(写真はパイナップル風味のハワイアンソーストッピング)

も今月中旬より開始予定です。

お楽しみに。



それでは皆さん2010年も何より健康で。



和 20100106 中目黒店 青柳
[PR]
by mitsuyado | 2010-01-06 06:27 | aoyagi | Trackback | Comments(0)