聖剣エクスカリバー

小平店 青柳です。

「教える」という事は本当に難しいなと、最近痛感します。

自分が出来るではダメ、教え過ぎるでもダメ、ただやらせるでもダメ。



「論より行動、行動こそ真実」



これは私が尊敬する「ソラノイロ」の宮崎千尋社長が仰っていた言葉であり、
私自身の座右の銘でもある、本当に素晴らしい言葉ですが、
その言葉の意味や価値を、痛感する場面が多々あります。

新人スタッフを教えるという事は難しく、
ベテランスタッフを教えるという事はそれ以上に難しく、
教え方や言葉次第で、上司や先輩は薬にも毒にもなると感じます。

そんな中、以前に某ラーメン店の経営者が配信していた言葉が、
今の自分にグサリと突き刺さったので、今回ご紹介したいと思います。



ラーメン凪(株式会社 凪スピリッツ)
生田智志代表取締役流
「人材の育て方」


『新人さんは失敗するのが仕事です。
ベテランはサポートするのが仕事です。
そもそも叱るとは、事に限ってその場で伝えることです。
叱る必要すらありません。事を注意する。
聖剣振りかざし、ミスを責め立てるは論外でいきましょう 』


というメッセージを流しましたが。

しかし、みなさんの現場ではどうですか?
教えて出来ない人に、舌打ちしたり、
任せて出来なければ、その場で仕事を取り上げたり、
あげく何もするなと叱責するものも…。
と幾人かの人がやっていることを耳にします。

果たして、それで人が育つでしょうか?



答えはNOです。



何度もいいますが、この指導方法が辞められない人は凪を辞めてください。
これは方針です。理由はありません。
人それぞれのやり方があってよいのは社会であり、凪ではありません。

さて、教育ですが。

舌打ちや、仕事を奪われた人はどう思うでしょうか?
やる気など出るわけがありません。
結果仕事を辞めることに。そしてまた採用です。
この馬鹿げた茶番を、なんど繰り返すつもりですか?

教育とは、背中で語るだけではダメです。
まずやって見せる。やり方を説明する。
教わる人はそれをメモする。そしてやって見る。
わからない点を聞き、さらにメモをする。

そして今度は教わった新しい人が、次の人に教えます。
それは、仕事ができる人が教えていると人はそだちません。

なぜか?

教えすぎるからです。

人間の吸収力をビールの口に例えると、あの大きさの量しかはいりません。
それなのに人は教えるという聖剣を振りかざし、教え過ぎているのです。

あなただって本当は、最初から出来たものなどはなかったはず。
もしくは出来てたとして、有能だとして、なぜ凪にいるのですか?
答えは、有能ではないからです。

本当に有能であるなら、もっと大きな仕事や会社にいることでしょう。
僕らはそういう集団なのです。
仕事は出来ないのが当たり前。それでいいんです。

何もわからない人が教えるから、無理なくおしえられるのです。

(中略)

凪は単なる職人集団ではありません。
職人とワガママを履き違えている方は、
十分に気をつけて考えを改めてくださいね!



--------------------



・・・耳が痛いという方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

愚かな人間は知らず知らずのうち、錆びた聖剣振りかざし、

抵抗が許されない相手に対し、教育や任務と称した、

低俗な魔女狩りを行っているのです。



そんな事を考えていた時に、この文章が心に響きました。



「自分の成長のために、自分の実力の無さを認めよう」
川島 和正


仕事や恋愛で失敗した時、
ある人は自分の実力の無さを受け入れて、
ある人は周りの人や環境のせいにします。

プライドが高い人は

「失敗を認めたら自分の評価が下がる可能性がある」

と考えるため、周りの人や環境のせいにしてしまいがちなのです。

また

「世の中の人は自分のために働くべき」

と考える王様マインドの人も、
自分の思い通りにならない場合



「俺以外はみんな奴隷のくせにけしからん」



と考えてしまいがちなのです。

そして、プライドが高い人や王様マインドの人は、
自分の実力が無いまま、自分を凄く見せる演出だけ頑張って、
相手からチヤホヤされることを求めるのです。
 

ここで、もしあなたも、
プライドが高い人や王様マインドの人のように、
考えてしまうことがある場合には、
その思考パターンを中断させた方がいいです。

そして、自分の実力の無さを認めて、
本質的な実力を伸ばすための活動をするようにした方がいいです。
 

なぜかと言うと、自分を凄く見せる演出を頑張ったところで、
たいした結果は得られないからです。

演出によって一部の人が表面的におだててくれるかもしれませんが、
収入やモテ度はたいして伸びないのです。

利害関係がない人が、建前で褒めてくれるだけで、
本質的にはたいして何も得られない状態が続いてしまうのです。
 

ですので、あなたも、今一度、自分の失敗事例を振り返ってみて、
無意識のうちにやっている自分の行動パターンを
分析してみることをお勧めします。

そして、もし、プライドが高い人や王様マインドの人のように
行動していたことがある場合には、
その行動パターンを改めてみることをお勧めします。

自分の実力の無さを認めない限り、
本質的な実力を伸ばせるようにはならないので、
くれぐれも気をつけた方がいいですね。



--------------------



・・・どちらも、素晴らしい言葉ですね。



本質的な学びで知識と実力を伸ばし、
本質的に会社や社会に貢献できるよう、
真摯な行動を積み重ねたいと思います。



「聖剣」という名の「死の薙刀」は、必要無いですね。



ありがとうございました。

e0173239_346105.jpg

[PR]
by mitsuyado | 2014-06-14 00:00 | aoyagi | Trackback | Comments(0)

中目黒店、青柳です。

世間では総選挙が流行ってるみたいですねー。

僕はアイドルはあまり詳しくないのですが、
ラーメン業界でも、こんな総選挙が行なわれるみたいです。


e0173239_13778.jpg


2013力の源ラーメン総選挙
http://www.facebook.com/photo.php?v=321690921295849

↑上記URLでキャンペーン予告動画を見る事が出来ます。熱い。



博多一風堂が開催する、スタッフを対象とした新商品開発総選挙。

昨年は、一風堂暖簾分け店主のみでの開催でしたが、今年は何と所属するスタッフ全員が対象(!)。

これは面白そうですねー。

しかしひと口に総選挙と言っても、そこに投資する時間、労力、資金といった、

諸々の経費や人員とスケジュールの調整が膨大である事は、容易に想像出来ます。

うーむ・・・、さすが世界の力の源カンパニーですねー。



そーいえば、僕が尊敬するこのラーメン店経営者も、力の源カンパニー出身です。

その人物とは・・・










宮崎 千尋さん
(みやざき ちひろ)

ソラノイロ@麹町 店主 兼 経営者

e0173239_0162423.jpg


ソラノイロ@麹町店主 宮崎千尋のfree styleブログ!!
http://ameblo.jp/chihirockkun/

ソラノイロ 公式TWITTER
https://twitter.com/soranoiro2011

ソラノイロ 公式FACEBOOK
http://www.facebook.com/soranoiro01?fref=ts



その宮崎さんが以前ブログ(&FACEBOOK)にUPしていた記事に、
多大な共感を覚え感動致しましたので、今回ご紹介したいと思います。



 「本からの刺激!」

e0173239_035285.jpg


年収1億円思考 江上治著

麺屋一燈@新小岩の坂本店主がFBにあげていた本。
早速読みました。すばらしいです。

今日感じたことがあるので忘れないように書いておきます。



---人間評価の基準を「行動」に置く人は多い。

「巧言令色鮮し仁」と孔子は言うが、いくら口でうまいことを言っても、

行動が伴わなければ評価されないし、信用されない。

言っていることと行動が逆ならば、馬鹿にされるし、軽蔑されるだけだろう。

人間の行動は、実に正直にその人の人間性を表すものだ。

だから行動は重要なのである。

真摯な行動は誰かが見ていて、いつか評価してくれるのである。---




(株)力の源カンパニーに在籍中、
今から8年前に日本創造教育研究所という研修施設?で、研修を受けました。
そこで学んだ一番のこと。



「知識より実践、実行、行動」

「行動こそ真実」




この本のこの部分を読んで、その時のことがよみがえりました。

当時の僕は、京都五行に在籍していて、
店舗は赤字、スタッフには嫌われている、
プライベイトもだめ、全てがだめでした。
それを他人のせい、環境のせいにばかりにして、自分が変わろうとしていなかった。
自分が行動をしていなかった。

今考えると、その時の自分は自分の行動が作り上げていたんだ、と。

それ以来、僕は少しずつ変わりました。

30分お店に早く行き、トイレ掃除を3ヶ月間継続。
スタッフの見る目が少しずつ変わっていきました。
トイレもいつもピカピカに!

苦手だと思っている人に近づき、あえてコミュニケーションを取り、
その人のことを知る努力を。
その人を知っていけば行くほどに、
自分の思い込みや勘違い等が多くあり、
いい関係になり、仕事もしやすくなりました。

赤字も、具体的に業者さんの選び直しのために、
沢山探して少しでも安くていいものを仕入れました。
人が過剰だった分も無駄を省き、適正人数での営業に。
お客様も少しずつ増え、あり得ないほどのV字回復で黒字化に成功。

そうなるとプライベイトもよくなりました。

一つが動いていくと、がらっといろいろなことが良くなっていきました。



「行動こそ真実」



でした。

まず、
この本にも書いてあるように、

出来ないことは無理に
「やる」「やります」「できる」
って言わないことは
大切かもしれないですね。

もちろん、だれしも自分を変えたい、誰かの期待に答える為にやりたい、
と考えるのは自然なこと。

でも、いくら自分が
「やろうと思っていた」
「考えていた」
と言っても、それは伝わらないもんね。
ましてや、口に出して
「やる」
と言っていたのにやらないと、
信頼や信用を失ってしまうものね。

例えば、ダイエットを始めようと思っている人がいたとして、
それは周りの人に
「ダイエットをしてるんだ」
って言ったにしろ、黙っていたにしろ、

そう思っていることや言うことでは周りは本当の評価をしてくれない。
むしろ
「また言っている」
「どうせ続かない」
って思われていることの方が、多いかも。

でも、具体的に行動をして、
例えば
「食事量を減らす」
「週に3回1時間運動をする」
ことによって、
「結果」
が出る。

「顔が細くなる」
「体型が少しスリムに見える」
などの結果が周りの人に分かる。
痩せたら自分も嬉しい、周りもすごいね!ってなりますよね。

そして、もっと言えば行動をしないと、自分が自分との約束を破ることになる。
ただ思っているだけ、
「また自分はやらなかった」
って、自分のことを責め始めたりもする。
でも責めて、反省して意外に満足して、またそれを繰り返す。
だから変わらない。



やっぱり、行動が大切。

そして、行動の継続、積み重ねが大切。

どんな人間関係、どんな仕事でも言えることかもしれない。




僕もまだまだ自分が出来ること、出来ないことあるけれど、
自分との約束、他人との約束、ちゃんと守って、
自分と周りが望む結果を出していきたいと思います。
そして、過度な期待をさせるような発言、守れない発言は慎みたいと思います。

とっても大切なことを再確認しました。

読んでいただきまして、ありがとうございます。


>ソラノイロ@麹町店主 宮崎千尋のfree styleブログ!!
2013年3月12日エントリー 「本からの刺激!」より引用させて頂きました。

http://ameblo.jp/chihirockkun/entry-11488529097.html




うーーーむ、最高です。

僕自身、尊敬している人物を頭に思い浮かべてみると、
真摯な行動の積み重ねを、常に実践されている方ばかりでした。

また、その逆の感情を抱いてしまう人物を頭に思い浮かべてみると、
発言と行動が一致しない、もしくは何もしていない方ばかりでした。

やっぱり、ビジネスでもプライベートでも、
発言と行動の実践、理論と実績の一致が、何より大事だと思います。

行動が伴っているからこそ理論に真実味が増し、
他者からの評価に繋がるのだと思います。

漠然とは感じていたけれど、改めて大事な事に気付かせて頂く事が出来ました。

宮崎千尋さんのこの記事に、感謝したいと思います。

ありがとうございます。



・・・やっぱり、自分が一生懸命取り組んできた何かが無くなる事は、

自分の人生にとって、それに関わった全ての人間にとって、非常に辛い事です。

大きな挫折感や、虚無感が訪れます。

しかし、何よりも悔しい事は、

そこに全力を注ぎ全てを出し切れたと、

言い切れない自分がいたときではないでしょうか?

なにかに言い訳をして、誰かのせいにして、責任の所在をすり替える。

一時的な痛みは和らぐかもしれませんが、

それでは人として、成長が望めないのではないかと思います。



やらずに後悔するよりは、

全力でやった上で、

後悔ではなく涙を流したい。

本気で嬉しくなければ、

本気で悔しくなければ、

涙は流れません。




そんな仕事をしていきたいです。



ではまた来月。
[PR]
by mitsuyado | 2013-06-20 23:14 | aoyagi | Trackback | Comments(0)