中目黒店 青柳です。

最近、仕事が楽しいです。

僕が入社して今に至る5年間の中でも、
今年は状況が大きく変化した1年でした。

環境としては、ハードでした。

その中で再認識した事。

それはやはり



自身を客観視して、現在と将来を見据える  



事の重要性です。

何かに集中して没頭すると、時に周りや自分が見えなくなります。

そんな時、少し離れた視点から自分を客観視すると、
冷静に現状を捉え、改善策を見出すことが出来ます。

いつもの誰かと、いつもと違う時間を過ごしたり、
新しい音楽を聴いたり、古い小説を読んだりするのです。

経営者インタビューや革命家の本などを読むことで、
普段の自分とは違う視点を持ち合わせるようにしています。



そして何より、過酷な状況下でも仕事を楽しむ事。

そんな環境を共に作り上げてくれる上司や、部下や、仲間。

そしてお客様やお取引先様、地域住民の方や地域の会社の皆様。

それぞれに最近はより深く、日々感謝しております。


Appleの伝説の経営者、スティーブ・ジョブズ氏は



「明日死ぬとしたら、今日自分はどう生きるか。それを毎日考える」

「墓場で一番の金持ちになることに何の意味がある」

「毎晩寝る前に“今日は素晴らしいことをした”と思えること、それにこそ価値がある」




と、語っていらっしゃいます。

賛同致します。



先日、素晴らしい経営者のお言葉に出会い、感銘を受けました。

国内の製麺機製造・開発トップシェア、
当時としては異例の365日サポート体制を実現。

業界大手「丸亀製麺」が採用している事でも有名な、
麺類飲食店の新店舗開業支援・経営サポートまで行う企業。

「大和製作所」の“藤井薫代表取締役”です。 
 
藤井代表はSNSのFACEBOOKでほぼ毎日、
コラムを更新されているのですが、
その内容が非常に濃く、日々感銘を受けます。

中でも最近僕が一番共感したコラムを、一部転載させて頂きます。

e0173239_6103836.jpg

「マーケット・リーダーへの道筋」

おはようございます。

今日は「マーケット・リーダーへの道筋」です。

多くの企業、多くの店舗、多くの新規開業者が忘れてしまっている、
大切なことがあります。

それが、マーケット・リーダーになることに執着していない、
即ち、その市場でのリーダーシップを取ることに執着していない
ことです。

しかし、ほとんどの企業、店舗は売上を幾らにしたいとか、
営業利益を何パーセントにしたいとかの目標とか、希望は持っています。

そのような目標は、マーケット・リーダーになれば簡単に解決出来るのに、
マーケット・リーダーになることを考えてもいない
のです。

私はエンジニアだったのですが、製麺機市場へ乗り出すときに、
必ず、シェアトップになることを目論んでいました。

ひたすら、トップを目指して、常に社内ではそのことについて話していました。

しかし、トップになるまでに約30年の年月を使ってしまいました。

それは、トップになるための方法を知らなかったためです。

M・トレーシーとF・ウイアセーマは

「ナンバーワン企業の法則」

の中で、マーケット・リーダーになるための方策として、
3つの価値基準のうち、どれか一つを選択するように迫っているのです。

1.オペレーショナル・エクセレンス
(生産方法や販売方法の改善を目指すアプローチで、
スピードやコスト優位性により競合他社との差別化を図る)

2.製品リーダー
(たえず最新で価値の高い製品・サービスを提供し続けることで、
競争優位性を保ち、イノベーション追求型で、
常に新しい製品・サービスで高い価値を提供しつづけることにより、
競合他社が模倣しにくい状況をつくり出す)

3.カスタマー・インテイマシー
(顧客ロイヤルティを築き上げることに焦点をあて、
顧客との親密さを強化し、販売力を高めるとともに、
顧客からのフィードバックを改善に活かすアプローチで、
他社ブランドへの乗換えが生じにくい状況を生み出す)

上記1~3を外食産業で実際の成功している会社に例えると、次のようになります。



1.オペレーショナル・エクセレンス企業
の成功事例は、マクドナルド、すき家、丸亀製麺、ケンタッキー・フライドチキン、セブン・イレブン等、
お手軽方向でのトップ企業です。

2.製品リーダー企業
の成功事例で思い当たるのは、つるとんたん、博多一風堂等です。

3.カスタマー・インテイマシー企業
の成功事例は、実際は多くあると思いますが、カッシータ、リゴレット等が思い当ります。



そして、1から3のいずれかに的を絞ることが大切なのです。

一度に、3つとも同じレベルで満足させようと思わないことです。

絞った一つの価値基準だけを他のライバルに圧倒的に抜きん出た水準に保ち、
残った2つの価値基準は、平均点以上の状態に保つこと
です。

例えば、カスタマー・インテイマシーで、素晴らしい評価を受けたとしても、
お客さまが手を出せない価格であったり、製品とかサービスのレベルが非常に劣っていると、
お客さまには決して支持されないのです。

だから、たった一つの集中している価値基準のレベルは、
高い水準を追求し続け、他の2つの価値基準についても、
おろそかにしないこと
なのです。

一般的に、外食ビジネスの場合は、
価値基準を1にする場合は、ある程度の規模がないと難しいのです。

だから、新規に開業したり、まだ規模の小さいうちは、
価値基準2または3しか、選択肢はありません。

商品力を上げることに強みを持っている経営者は、
2の製品リーダーを目指すべきであるし、
サービス面で強みを持っている経営者は、
上記3のカスタマー・インテイマシーを目指すべきなのです。

そして、その価値基準を、
業界内で誰も追随出来ないレベルまで、磨き続けることなのです。

但し、価値基準の選定は自分の持っている強みだけではなく、
自分が住んでいる市場とか、ビジネスの内容によっても、変えなければいけないのです。

例えば、製麺機市場においては、
価格の安さを追求しても、品質の高い麺を作ることが出来なかったり、
安全性が劣っていて、使っている人が怪我をするような機械では、
機械コストが幾ら安くても、トータルでは高くついてしまいます。

従って、私はエンジニアだったので、
当社の場合、当初は製品リーダーを目指しました。

しかし、市場のお客さまが一番望んでいたのは、
最新式の高度なレベルの製麺機ではなく、繁盛するノウハウであり、
繁盛店になる道筋を知りたかったのです。

要するに、お客さまは繁盛することを通じて、豊かな人生を送ることを願っていたのです。

そのことに20年近く前に気付いて、
当社の使命を「麺専門店繁盛支援会社」と明確にしたのです。

それから、当社は徐々に会社の形が変わり、
最終的にシェアトップになることが出来たのです。

従って、マーケット・リーダーになるには、
どの価値基準を選ぶかによって、決定するのです。

それだけ、価値基準の選定が企業の明暗を分けてしまう、
大きな影響力を持っているのです。

価値基準の選定に関しては、あらゆる方向から検討しなければいけないのです。

そして、どの価値基準を選ぶかによって、
価値基準と一貫性を持った使命を明確にする必要があるのです。

そして、絶対にやってはいけないのは、
上記3つの価値基準に優先順序をつけないで、
全部平均的に満足させようとすること
なのです。

優先順序をつけて、優先順序に従って、
内部資源を振り当てていくべきなのです。

例えば、当社の場合の優先順序は、3⇒2⇒1の順番です。

優先順序を付けない場合は、
マーケット・リーダーになることを放棄するのと同じこと
なのです。

だから、自分の強みに則り、
マーケットの状態にあった一つの価値基準を選ぶことは、
勝利の選択
なのです。



大和製作所 公式HP
http://www.yamatomfg.com/

大和製作所 藤井薫代表取締役 FACEBOOK
https://www.facebook.com/kaorufujiyamato

e0173239_6111497.jpg


いやー・・・、素晴らしいですね。

僕も製麺を始めた頃に、大和製作所のこの本を読んで、勉強したことを思い出しました。

「究極ラーメン 麺を科学した新製麺術」
http://www.yamatomfg.com/book/ramen.php

藤井代表は御年70歳を超えているはずですが、
毎日朝の3時に目覚め、瞑想や筋トレを日課にされているそうです。

そして現在も香川の本社から全国、海外へと、
毎日フレキシブルに飛び回っていらっしゃるそうです。

凄いという感情を通り越して、畏怖すら覚えます・・・。

FACEBOOKの更新も、ほぼ朝の5時台~6時台(!)です。

やはりこういった刺激的な経営者様のお言葉は、
数多くのインスピレーションを与えてくれますし、
自分自身の人生を考える、良き契機となります。



藤井代表、素晴らしいお言葉を、いつもありがとうございます。



・・・話は戻って、皆さんは自分が明日死ぬとしたら、今日何をしますか?



僕がもし、明日自分が死ぬとしたら・・・



e0173239_6274765.jpg


素敵な女性の料理で、ワインでも飲みながら、青空の下でダンスかな。



ではまた来月。
[PR]
by mitsuyado | 2013-12-20 00:00 | aoyagi | Trackback | Comments(0)

こんにちわ

こんにちわ。
毎日、寒いです。
1年も早いものであっというまに12月です。

先日、高校時代からの友人が結婚するということで
集りがありました。
場所は、かに道楽。昼間にも関わらずかなり席は埋まってました。
そんな贅沢なランチを食べながら会話が盛り上がっていました。

友人とは、ゆくゆくはランチに行くお店の選択でかに道楽に行くって
いえるようになろうなんていう目標も作ってきました。
e0173239_13152950.jpg

[PR]
by mitsuyado | 2013-12-16 13:15 | Trackback | Comments(0)

居酒屋にぶらり

先週末、横浜駅周辺に一際気に掛かる居酒屋(咲くら)があり、つい立ち寄りましたので、
この場をお借りして御紹介したいと思います。

ちょうど忘年会シーズンに差し掛かっている事と週末の夜であったので、何処のお店も
団体客で繁盛しておりました。(ほとんどのお店が待ち時間有りでした。)

いつもの事ながら、前菜を食べて生ビールで喉を潤しました。

e0173239_11387100.jpg


個人的にはお刺身が好きなので、お薦めのメニュー(咲くら盛り)をおつまみに致しました。

e0173239_11291615.jpg


また、最近は野菜摂取不足が気になるので、温野菜のバーニャカウダを頂きました。

e0173239_11235557.jpg


さらにお酒のペースに弾みがついたので、山崎のハイボールをグイッと飲乾してしました。

e0173239_11512349.jpg


これから先、年末年始の行事も控えておりますので、皆様も普段維持している自身の
ペースを崩した飲み過ぎや食べ過ぎには十分注意しましょう。
[PR]
by mitsuyado | 2013-12-14 12:00 | Trackback | Comments(0)

女子会

寒い日が続いております。

志保澤です。

先日女子だけで飲み会を開催しました♪

e0173239_7545895.jpg


パスタと鍋という異色な組み合わせでしたが、みんなペロッと完食でした。
[PR]
by mitsuyado | 2013-12-10 07:45 | Trackback | Comments(0)

今年ももう終わりですか

こんばんはー
荒屋です。

今年も残すところ20日たらずとなりましたねー。

いやー今年は僕にとって、なかなか濃い一年でした。
いろいろな人と仕事ができて、いろいろな出来事があって、いろいろな経験をさせてもらって…
楽しい事ばかりでは決してない一年でしたが、本当に成長することができた一年でした。
大切な人とも出会えて、今振り返ると本当にいい年となりました!

来年の自分がどんな心境なのかは分かるはずもありませんが、きっと同じ事が言えるように、バカみたいに我武者羅になってるんだろーなーなんて思ったりもします。
つか、来年の今日も、僕にとっては最高の年となっているはずです!たぶん!(笑)

さて、今回は僕がよく行く居酒屋、「鳥やす」で締めくくりたいと思います。
ここは、たびたび僕のブログに登場する、例のイケメンの先輩とよく行く居酒屋なんですが、今回も例の如くそのイケメンの先輩と一緒に行ってきました!(笑)
ここはとにかく安い!美味い!そしておばちゃんがカワイイ!という、僕にとって最高の居酒屋で、店長さんとも仲が良いので本当に行きつけの常連としてよくしてもらっているお店です。

ここは必ず頼むのが白レバーのお刺身?みたいなやつと
e0173239_2353371.jpg

何と言っても焼き鳥です!
e0173239_23533818.jpg

この写真の手前の焼き鳥、ぼんにくというのが最高で、行ったら必ず4本ぐらい注文します。

このお店は決して綺麗なお店ではないですが、高田馬場に寄る際は、ぜひ一度足を運んでみては如何でしょうか?
本当にオススメです!

それでは皆さん、よいお年を!
来月までごきげんよー
[PR]
by mitsuyado | 2013-12-09 23:05 | Trackback | Comments(0)

「東京モーターショー」に行ってまいりました。今回のモーターショーは世界12カ国の178社が参加し、計426の車やバイクが展示されていました。来場者数も前回の84万人を上回り、90万人を超えたそうです。これは、体験型のブースを作ったことが功を奏したようです。私たちが幼少の時代はスーパーカーブームで沸き返っており、東京モーターショーは現在の「東京ビッグサイト」ではなく晴美の「東京国際見本市会場」で開催されていました。
e0173239_17544769.jpg
私たちが学生の頃は車を所有する事がステータスであり夢であったような時代でした。私が、免許を取り、最初に所有した車はホンダの「プレリュード」でした。ライトがリトラクタブルライト(スーパーカーのように普段はボンネットに格納されている)でかっこよかったな~その当時は、後輪も稼働する4WSなるシステムも開発されました。今や、車は電気で走る時代に突入いたしました。すごいですね~数年後には、ハンドルを操作しなくても走ってくれる車が誕生するようです。期待しております。皆さんも、車を買って日本の経済成長に一役買いましょう!それではまた!e0173239_17552389.jpge0173239_17555343.jpg
[PR]
by mitsuyado | 2013-12-07 17:58 | Trackback | Comments(0)

山田です。


最近昔在籍していたスタッフから嬉しいお誘いがあり
新宿まで出向いてきました。


皆社会人になっても同じような事で
お店がどうとか、あの人のあれが凄いとか
きっともっと話すことがあったと思うんですけど
今もその場に身を置くものとしてはなんだか懐かしくも
店舗への愛が感じられて、何とも言えない気持ちになりました。


きっとあの頃からいろんなものを得て、いろんなものを捨てて
今の自分が、店舗があるんだと思います。




個人的にはお客様に、スタッフにお店を愛してもらうかは店長の力だと思っています。


でも、店長だけがお店を作っている訳でもなく
そこに在籍しているスタッフ一人一人が個性を出し
良い意味で自由で楽しい空間を作りだすことに
店長の遣り甲斐とか難しさがあるのではないかと思います。


まだまだ出来る事よりも出来ない事の方が
達観している部分より未熟な部分の方が多いですが
日々、一緒に働いているスタッフに感謝しながら
年末なので最大限形に出来る様、取り組みたいと思います。


評価を色々な方面から受ける立場ですが、まずは自分のしている仕事にプライドと
責任を持ち、やるべきことを最短最速でやっていって
色々な事に繋げていきます。


うまい酒が飲めるよう、もう少しレベルを上げて頑張ろうと思います。

e0173239_16265355.jpg


写真は一緒に飲んだスタッフと共に
中目黒の礎を気付いたスタッフが現在頑張っている店に行った時のものです。

美味しかったなぁ。
[PR]
by mitsuyado | 2013-12-05 16:29 | Trackback | Comments(0)

カレーは飲み物


冬本番ですね。

もう12月に入り今年もあと少し

激動の一年でした。

今の段階で色々整理をし年を越したいと思います。

話は変わりますが、最近気になっているお店が

池袋にある「カレーは飲み物」
ここは8坪 9席で月商500万をたたき出す店舗

週末には50人くらいが行列になっています。

メニューはシンプルで赤カレーと黒カレーの2種類がベース

価格は790円でトッピングは10種類の中から3つ選べる
しかも無料

ライスも小 中 大ともに無料

オーナーの壬生氏は
「カレー店やラーメン店などで大盛りや好みのトッピングを追加すると価格が1000円を越えてしまう
ことにストレスを感じていました。業態づくりでは「わかりやすさ」を一番に重視して、トッピングは無料」とのこと

初期投資 F/Lコスト 需要からみてもおもしろい業態だなっておもっています。

これからも注目していきたい店舗です。


また今の時期は味噌ラーメンが売り上げを伸ばしていて

このまえ田所商店にいってきてました。
e0173239_16434952.jpg


特徴はあぶったチャーシューと 選べる味噌

あと個人的には「麺の量とスープの量のバランスがよさ」がいいです。

北海度が味噌ラーメンというように
冬は味噌ラーメンというニーズは多いようです。

三ツ矢堂製麺も12月に味噌つけ麺をやりますが
個人的には味噌ラーメンもありだと思います。

ただ、味噌ラーメンで鍋を使うか使わないかの部分でクオリティに差がでてきそうで
簡単にはいかなそうですが・・・

何はともあれ

今年もあと少しうまい酒が飲めるように頑張ります。
[PR]
by mitsuyado | 2013-12-02 16:51 | Trackback | Comments(0)