<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

健康第一

皆様、お元気でしょうか
中目黒店小林大輔です。
今は元気なのですが、八月の前半は風邪を引いてしまい
声は出ないし重たい咳は出るし大変きつかったのですが、
それよりも他の人にうつっていないか心配でした。
多分大丈夫そうなのでひとまず安心です。
そう考えれば諸先輩方から真似されるは、真面目にやってくださいと
いじられたりで入りたての自分としては結構美味しかったかな
と思っています。


そんな絶不調だった日々に思っていたことが
「汁なし坦坦麺が食べたい」でした。
水を飲むと信じられないぐらい痛いし、蕎麦を啜れば悶絶うつしで
そんな辛いものなど夢のまた夢でしたが、先週の木曜日
公休日だったので、湯島の「阿吽」で悲願の「汁なし坦坦麺」を
食べて来ました。


夜の7時過ぎに行ったら席は満席でしたが、すぐに
案内され10分ぐらいででてきました。
久々に食べたのですが、「あれっ・・・見た目が
前に来た時と違うな、青菜から水菜に変わってるし
ラー油の赤っぽさも無いし」
しかし食べて見ると唐辛子の辛さより花椒のしびれる
辛さが前に出てしばらくすると干し海老の旨みが出てくる
まさに自分が食べたかった坦坦麺でした。

ごちそうさまでした。また伺います。
でも次回行くときは、こんなに我慢せずに思い立ったらすぐに
行きたいものです。
皆様くれぐれも
e0173239_694279.png
風邪などひかないように。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-21 06:11 | Trackback | Comments(0)

ウマい海鮮料理を. . . .

夏真っ盛りですねぇ. . . .

皆さんはお盆休みは如何でしたか?

私は仕事の関係で休んでいませんが、

このあいだの日曜日に海風にあたりたくて外房に行って来ました。

e0173239_1338669.jpg


マリンジェットは気持ちがよさそうでした。

海岸近くの地元の料理屋さんで海鮮料理を頂きました。

まず、サザエの刺身の盛り合わせです。

e0173239_1342276.jpg


朝、取れたものだそうです。新鮮でこりこりがたまらないです。

次に、鯵を使った料理で、鯵のなめろう。

e0173239_13463144.jpg



鯵のなめろうを、冷たく冷やした生酢の中で切り分けて食べるのが、

さっぱりしていて夏には良いですねぇ. . .

e0173239_13574418.jpg


鯵のさんが焼き料理も頂きまして、鯵づくしです。

帰り道に、地元の人しか通らないような道で、昔懐かしい駄菓子屋さんがあり、

店先でかき氷をやっていたので、よしずの影の縁台で頭が痛くなりながら食べましたが、

子供の頃を思い出しました。

今日は爽快な気分で、リフレッシュ出来ました。

ありがとうございました。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-19 00:00 | Trackback | Comments(0)

風を感じて

 
 2012年の夏は「ロンドンオリンピック」でたくさんの勇気と感動を頂きましたね!!

 スポーツを通じて言葉を越える感動が沁みわたりました。

  爽やかな風がふくと、本当に心地よい気持ちになりますね...

 
 今回ご紹介するカフェ「リブレ」さんも、やさしい風を感じるお店なんです...

 
 
e0173239_10561888.jpg


 私の家のすぐ側にあるので良く伺うのですが、ミニガーデン前のテラス席もお気に入りです...


 


 
e0173239_1114647.jpg


  お食事も季節を感じる細やかな提供で、毎回楽しみにしています!

 この日のランチメニューは...
 
 ”夏野菜とクスクスのカレー” 
e0173239_114957.jpg

 
 クスクスとは...小麦粉から作る粒状の粉食で、北アフリカから中東にかけて広く食べています。
 
 食べ慣れると、軽くて結構美味しいです...

 カレーは煮込むというよりスープカレーのようにあっさりしていました。
 
 クスクスには良く合います!!

 
 
 デザートは”スイカシャーベット”でした

 上にのっているスイカの皮はシロップで甘く煮たそうです。

 いつもスイカはカットして、そのまま食べるのしかしませんでしたが、

 こうやってシャーベットにしますと、赤色が効いてお洒落なデザートに変わりますね...

 
 
 
 
e0173239_111244100.jpg

 
 お盆を過ぎたら、朝夕の風が涼しく感じました。 
 
 トンボも飛びはじめましたし、そろそろ虫の合唱も聴こえてきます...

 そうして、季節は少しづつ移ろいはじめています。

 私もたくさんの感謝を持ってこの夏を終えたいと思います...

 
 




 
 
 
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-18 09:00 | other | Trackback | Comments(0)

お久しぶりです。

中目黒店 鈴木です。


先日、お台場に出来た、ショッピングモールに行ってきました。

多数の飲食店がありましたが、鶏専門店に行ってきました。


こんなに甘みのある親子丼を食べたのは初めてでした。

e0173239_14392622.jpg



串の盛り合わせ

e0173239_1440530.jpg


食べたのもすべてのクオリティーがめちゃくちゃ高く、
店の清潔感もあり、とても満足できました。

これからも、いろいろなお店に食べ歩いていきます!!
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-17 14:43 | Trackback | Comments(0)

ゆうひ屋

こんにちは
つつじヶ丘店 関野山です。

今回は地元にあるゆうひ屋というラーメン屋に行ってきました。
さっぱりとした中にコクにある醤油豚骨のスープに相性の良い細めんのストレートの麺でした。
とても美味しく頂きました。
e0173239_15341696.jpg

この店を知ったきっかけは大学の教員の人の薦めです。
仲良かった大学の教員の人が赤羽に住んでいて、よく美味しい店などを教えてもらいました。
今回行ってなせか懐かしく思いました。

オリンピックは終わりましたが、甲子園が始まり夏の楽しみはまだまだ続きます。
地元の成立学園は惜しくも一回戦で負けてしまいました。
しかし、話題の注目選手もたくさんいるのでどんなドラマがあるのか楽しみです。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-16 15:36 | other | Trackback | Comments(0)

水沢うどん

お久しぶりです。

土橋です。


夏休みの際に、地元である群馬の伊香保温泉まで行ってきました。

伊香保温泉の近くにある日本三大うどんの1つの水沢うどんを食べて帰ってきました。

e0173239_2157267.jpg



麺にコシと弾力があり、透き通るような白さがあるうどんでした。

特徴であるコシを出す要因は、製麺作業の間に14日程の熟成期間があることだそうです。

天ぷらも地元群馬で取れた舞茸を使っているそうでとても美味しく頂きました。


御馳走様でした。


出身地である群馬県には都心にない魅力に溢れていることを夏休みという短い期間に
帰ったことで改めて思いました。

地域が持つ魅力と同様に、働く現場でも店舗の魅力、突き詰めていけば自分自身の
魅力をより引き出していけるようにしていかなければいけないなと思った小旅行でした。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-15 22:30 | other | Trackback | Comments(0)

上を向いて歩こう

関野です。

最近、痩せるための確固たる目的を見つけました。
ただ、美味しいものの誘惑に時々は勝ちますが、
大体負けているので、先は長いかもしれません((+_+))

そんな感じで毎日美味しいものを食べて勉強して過ごしています。

他にも、やりたいことがだんだんできてきている感があります。
そんなこんなで毎日楽しいです。

この前、渋谷でチーズフォンデュを食べてきました。
渋谷駅から歩いて3分くらい、地下にある「Bee House」さんです。
(URL http://www.shop-beehouse.com/)

メインは、食べるのに夢中で、写真を撮るのを忘れちゃいました。。。笑

デザートまで食べちゃいました!
e0173239_19574263.jpg


そんなこんなしていると、店内に「Happy Birthday」の音楽がベルで鳴り響きました。
サプライズかなぁ。すてきだなぁ~。なんて思っていたのですが、
お店の壁にベルが並んでいて、そのベルが鳴っていました。生ベル!!

BGMじゃない、やさしい音になんだか癒されました。

(画像はお店のフェイスブックからお借りしました!)
e0173239_1959991.jpg



私も、いつの間にかもう3年目社員になりました。

まだ1年目の時、とある先輩が、
「早く追いついて来い、俺はずっとお前らの前で走ってやる」って言ってくれたのを、
私は未だに覚えています。

その先輩は嘘をついていないなぁ、約束を守ってくれているなぁって、やっぱり思います。


私には、まだまだ修行が足りないみたいです。
課題は盛りだくさんです。日々精進していきたいと思います。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-14 20:24 | Trackback | Comments(0)

中目黒店 青柳です。

厳しい残暑が続きますねー。

こう暑いと、ついビールが進んでしまい、ほとほと困っています。

最近厚揚げを、わさび醤油で頂くのにハマっています。

e0173239_18494151.jpg


これを目を閉じて食べると、かんぱちのお刺身の味がします。
(酔っぱらっている時限定)



実は最近、衝撃を受けたラーメン業態があります。

先日たまたま出かけた東京郊外ロードサイドのラーメン店なのですが、

そこが凄かったんです。

そのラーメン店とは・・・










「東京亭(とんきんてい)」!!!

e0173239_1851779.jpg


e0173239_1857433.jpg


e0173239_18584162.jpg


e0173239_18583339.jpg


e0173239_18593987.jpg


e0173239_18593010.jpg


e0173239_18592346.jpg


e0173239_18591155.jpg


公式HP
http://www.nankintei.com/

このお店、昭和56年に1号店を開店してから西東京を中心に店舗展開を進め、

現在「南京亭(なんきんてい)」というブランドを主力に10店舗を展開する企業のようです。



僕が訪れたのはあきる野店で、確か平日の20時ぐらいだったのですが、

驚く事に60席以上ある店内は満席で、且つ行列が14名でした(!)。

客層はファミリーと男性が中心で、年齢層は40代~の方が多い印象を受けました。

このお店、メニュー数がとにかく豊富で(多すぎて選択に迷いましたが)、

ラーメンというより中華業態に近いのですが、

多店舗展開していながらセントラルキッチンを持たず、

餃子まで全て店舗手仕込みで作っているそうです。
(食べた感じ、スープは恐らく店舗炊きではなさそうですが…)

もう一つ驚いたのが、そのスタッフ数の多さ。

僕が訪れた時は何とキッチン7名(!)、ホール3名の10名体制でした。

僕はカウンターに座りキッチンを見ていたのですが(職業病)、

中華鍋から炎が噴き出し、餃子焼き器からお湯が溢れ、職人さん達が怒号を飛ばす戦場でした・・・。

それが効率的か非効率かという所は別として、見ている側としては単純にそのビジュアルが食欲をそそり、面白いなーと感じました。

僕が頼んだのはミニラーメンとミニチャーハンセット680円+ジャンボ餃子200円(2個入り)。

e0173239_18551726.jpg


何というか、想像通りの味でした。

このお店は24時間営業しているそうなので、

あのピークの感じが毎日続いているのであれば、

恐らく月間800万~、下手すれば1000万以上売り上げているのではないかと思いました。



本題。



何故僕がこのお店に衝撃を受けたのかと言うと、

以前から感じていた事が、目の前に現実として現れた事に対してです。

僕はラーメンを食べ歩くのが好きで、関東のラーメン店はわりと知っているほうだと思っていたのですが、

雑誌に取り上げられる事も無く、名前も知らないお店が、こんなに繁盛している事に驚きを覚えました。

実は地方には、こういった格安中華ラーメン業態の繁盛店が、多数存在します。

有名どころだと、来来亭、くるまやラーメン、ハチバンラーメンあたりでしょうか。

来来亭
http://www.rairaitei.co.jp/

くるまやラーメン
http://www.kurumayaramen.co.jp/

八番ラーメン
http://www.hachiban.co.jp/

また、再建をかけて奮闘する株式会社ホッコク、「どさん子ラーメン」はその代表格と言えるかもしれません。

株式会社ホッコク
http://www.hokkoku.net/



…前置きが長くなりましたが、結局何が言いたいのかと言うと、



ラーメンビジネスは二極化している



という事です。



…僕が思うに、上記のラーメン業態は、東京23区内の激戦区では、ビジネスとして成り立たないでしょう。

なぜならば、東京のラーメンは味のレベルが非常に高く、居心地や値段よりも、質を求める傾向が強いからです。

…逆に、サイドメニューもご飯も無い東京の有名個人店が地方に進出した場合、それもビジネスとしては成り立たないでしょう。

なぜならば、地方は味そのものよりも、居心地やサービス、豊富な商品構成、リーズナブルな価格を求める傾向が強いからです。



つまり、東京中心部と地方では、ニーズが全く異なるのです。



以前、くら寿司のネタでブログを書いたのですが、その時に書いた事がフラッシュバックしました。

ロードサイドの王座を狙え。(Japanese Amusement Sushi Innovation)
http://mitsuyado.exblog.jp/17621319/





東京の感覚で地方へ攻めれば、痛い目に遭います。

地方の感覚で東京へ攻めれば、必ず失敗します。

日本の感覚で海外へ攻めれば、騙されます。






僕も仙台の田舎出身なのでよく分かるのですが、

地方の、特にロードサイドでは、車ありきの生活が前提なので、客層はほぼ固定化します。

例えば東京で成り立つカフェ業態が、地方ロードサイドで苦戦を強いられるのは、ここが大きいと思います。



音楽に例えると分かりやすいのですが、ラーメンに関しても、東京はある意味アンダーグラウンドな、インディーズ要素を好む傾向にあると思います。

逆に地方は、オーバーグラウンドで普遍的な、メジャー要素を好む傾向が強いと思います。

人の好みはそれぞれなので、一概にどちらが良いのかという所は言えないのですが、

「儲けるためのビジネス」に限った場合、それは音楽でもラーメンでも間違いなく後者の方が、

(母体が大きい分)有利で儲かるという事になると思います。



先程少し触れた来来亭というラーメン店は、テレビなどの露出もあって有名な話ですが、

一般社員で年収480万、店長職で年収680万、暖簾分け店のオーナーになれば1000万オーバーの年収という、驚愕のラーメン店です。

e0173239_20101847.jpg


ちなみに来来亭の豆田敏典社長はフェラーリやベントレーなどのスーパーカーを10台以上所有し、(公表している)年収は4億2千万だそうです・・・。
(※ネットでのインタビュー記事を探したのですが、見つかりませんでした。。)



何故来来亭はこんなに儲かるのか、ちょっと考えてみました。

そのキーワードは、「原価管理と売価設定、暖簾分け制度」にあると感じました。

e0173239_1917184.png


e0173239_19172854.png


地方ロードサイドのラーメン店でこの売価設定(特に定食系)、強気ですねー。

e0173239_2022914.jpg

1日限定30食、インパクト大の葱ラーメン880円

豊富なメニュー、普通の味(来来亭は普通がウリだそうです)、低原価商品による高利益。

いやー、やりますねー。

ちなみに来来亭の暖簾分け制度、ちょっと面白い方式を採用しています。
http://www.rairaitei.co.jp/recruit/karada/karada_02.html

その条件が

■直営店で社員として3年以上、2年以上店長として勤務し、本部審査がOK(人間性)であれば、そのお店を買い取ることができる

■銀行からの融資は本部が連帯保証人
(開業資金を持っていなくてもOK)

■頑張れば、年商1億円のお店のオーナー
(1店舗の平均オーナー年収約1000万)


そして暖簾分け時の条件が

>店舗売却価格を当社のメインバンクから借り入れていただきます。店舗の過去1年間の収支から平均1ヵ月あたりの税引き前利益を算出し、その15ヵ月分に、物件取得時の保証金額をプラスした価格になります。



うーん・・・、こう聞くとざっくり計算でもけっこうな金額というか、個人で独立開業するのと大して変わらない金額がかかりそうですが・・・。

しかし来来亭暖簾分け最大の特徴は、ロイヤリティがゼロ(!)という事。

本部側としては、開店後売上の落ち着いた店舗を、開店当時に投資した費用で社員に売却できる。

また、直営店の店長経験者が管理する事により、質の高いブランドが維持できる。

暖簾分け希望の社員としては、ある程度安定した収支が見込める店舗をそのまま買い取る事が出来る。

また、利益率が高い業態システムなので、通常のラーメン店では考えられないような高収入が見込める。

これは双方にとってメリットのある、非常に面白いシステムだと思います。

ロイヤリティ無しだと本部に利益が出ないのではないか?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

そこは食材、備品、制服や産廃業者、その他店舗運営に関連する諸々の部分に仕掛けを作る事により、

本部利益を生む事が可能だと思います。
(来来亭がそうしているかどうかは分かりませんが)



うーむ、単なるラーメン屋とはいえ、そのビジネスは複雑化して奥が深いですねー。



長々と書いてしまいましたが、結局のところ何が言いたいのかと言うと、





「地方ロードサイドで爆発する要素を満たしたつけ麺業態はまだゼロ」





と言う事です。

この現状に、大きな可能性を感じますねー。

その為には、何よりスピード感を持って行動する事が必要と感じます。





今月の一冊

e0173239_11525489.jpg

ラーメン屋成功論 ― 100の法則より1つの制度 / 豆田 敏典
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E5%B1%8B%E6%88%90%E5%8A%9F%E8%AB%96%E2%80%95100%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87%E3%82%88%E3%82%8A1%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%88%B6%E5%BA%A6-%E8%B1%86%E7%94%B0-%E6%95%8F%E5%85%B8/dp/4903822869/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1344912573&sr=1-1

10年で年商100億円企業となった来来亭、豆田 敏典社長の経営論が詰め込まれた1冊。
これを読む程に、来来亭は「社員の人間力」を最大限に発揮する環境づくりに注力している事が分かります。
経済的なメリットを還元するシステム作りによって、それぞれが高いモチベーションを維持しながら、来来亭と言うブランドを経営。
一過性のブームではなく、高い売上を維持し続けるFCブランドモデルとしての、来来亭の考え方を知る事が出来ます。

ではまた来月。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-13 19:30 | aoyagi | Trackback | Comments(0)

すでに立秋も過ぎ暦の上では秋ですがまだまだ残暑厳しいですよね。

こんな暑い日には、やはり蕎麦が食べたくなります。

ということで中目黒の芙蓉庵さんにランチに出かけました。

この辺りでは唯一腰の強い田舎蕎麦が食べられるお店で

信州生まれの僕は気に入っています。

ここは天ぷらもとても美味しいので

いつも天ざるか天せいろを注文します。

e0173239_22341842.jpg


天ぷらの油が程よく混ざった天つゆにくぐらせて食べる蕎麦が旨いんですね。

今日は夏休み中という事で昼から板わさをあてに冷酒で一杯のあと天ざるを満喫!

e0173239_2234495.jpg


芙蓉案さんごちそう様でした。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-12 22:37 | Trackback | Comments(0)

餡かけチャーハン

こんにちは、


つつじヶ丘店、伊東です。


暑い日が続きますが、


体調崩してないでしょうか?


今年は猛暑になるとのことでしたが、


そんなに暑くないと感じるのは私だけでしょうか?


ところで、先日以前から気になってた中華料理屋があり、


やっとのことで行く事ができました。


店主らしき人に「おすすめはなんですか?」と聞くと、


「餡かけチャーハン」と即答。


確かに右も左も餡かけチャーハンしか食べてない。


「じゃあラーメン」と捻くれたオーダーはせず、


素直に餡かけチャーハンをオーダー。


出てきたのがこれ

e0173239_2185083.jpg


チャーハンの上に肉餡かけがかかっており、


何ともウマそう!


しかしこの手の料理って、


餡の味が濃くて、チャーハンに味がないんじゃない?


と思いながらも1口。。


ウマ~い!


チャーハン自体の味がしっかりしていて、


肉餡かけはチャーハンを生かし、濃くもなく薄くもなく、


絶妙なバランスでした。


聞くところによると、かなりの有名店だそうです。


お店の名前は「梁山泊」


青梅街道通り沿い上石神井辺りです。


ごちそうさまでした。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-11 21:24 | other | Trackback | Comments(0)