カテゴリ:kobayashi(t)( 51 )

藤田田三つの柱

kobayashiです。


危うくブログを書くのをわすれてしまうところでした・・・・

なぜか最近よく耳にする(自分だけですが・・・)藤田田の「ユダヤの商法」

それを簡単にまとめた本をよみ、まず一番に気になったのが
この名前「藤田 田」って


e0173239_20594737.jpg


1月に子供が産まれるにあたって名前を考えて抜いていた自分に
とっては、驚愕な名前に感じてしまいました。

「藤田 田 」 自分に置き換えると「小林 林」・・・  まず思い浮かばない


藤田 田さんの名前の由来は 母がキリスト教で、口の中に十字架をいれた当て字だそうです
(ネットの情報ですが)

ビジネスの哲学として
藤田田の3つの柱(キーワード)が書かれていました

1ユダヤの商法
2勝てば官軍
3夢を持つべし!

各項目にはそれぞれポイント詳細が書かれていますが

その中でも
夢を持つべし!「常勝の思考」をまとめると

○人の行動を支えるのは「夢」である
○「夢」を追って努力する過程で「夢」の実現が見えてくる
○しかし、バクチ型はダメ。コツコツ型だけが「夢」を実現できる
○いきなり1億円の儲けは狙えない。まず、1000円の儲けからだ
○人生はなるようにしかならない。悪いときばかりは続かない
○失敗の原因より、成功の原因を探って、次回にフィードバックする


この最後の「失敗の原因より、成功の原因を探って、次回にフィードバックする」


今、店舗の売り上げも上がってきて、前年を越える店舗も増えています。
その時に失敗や店舗の問題点ばかりに目がいきがちであるが
本来はもっと成功の原因にもっと目をむけるべきなんだと感じます。

またこんな本を手にする機会がありました。

離職率の高い清掃会社が変わっていく話ですが
簡単にいえば夢を持つこと 持たせることで会社もそこで働く人たちもい変わっていく
お話です。
(かなり読みやすく時間があれば、1日で読める内容です)

e0173239_2112966.jpg


この本の最後に実践ガイドがあり、100の夢を書き出すという課題があり
12のカテゴリーに分けて夢をかくのですが

これをいざ書き出してみると100個もでてこないのにびっくりしました。
これが普通なのかほかの人はもっとあるのかわかりませんが

もっと自分と向き合い考えていなかったのかなっと反省しました。
実際70個くらいはかけましたが。3分の1は子供ができたことに付随するないようだったし・・

オーナーさんと話をすると以外にも昔は「夢を書いてた」という方もいて
書いてると不思議と8割はかなったかな・・・っていってました。

もちろんその人の努力の成果でしょうが・・目指す場所が明確なのと
ただなんとなく進むのとでは違うことは誰でもわかります。

IDCも最初は入社式には夢を書かせていましたが
日々の仕事の中で埋もれていることがあれば 今一度向き合う時間をとることを
おすすめします。


ってなことで
今日は近所ではありますが

個人的にすごくアイデアがあり努力しているなぁって思う「麺屋」の写真です。

e0173239_21293011.jpg


e0173239_21303356.jpg


ごま坦々つけ麺 700円
味は濃厚なごま坦々(少し酸味をきかせています)
具はひき肉がはいっていますが量は少なめでも、味がしっかりしていて
そこまで気にはなりません。

ごまがすり鉢に入ってきて先にすっておくのですが
商品をまつ間の暇つぶしにもなり、また香りも楽しめるので良いサービスだと思います。

サイドメニュー つまみメニューが充実していて
一人鍋(ワンタン チャーシュー 野菜など)はごまと醤油ベースがあり
そのラーメンスープで炊いてだしています。

出し巻き卵もありますが、これもスープにつけて召し上がるようになっています。

三ツ矢堂製麺も他店に比べると季節商品にも力をいれています。
今回は海老くりーむでしたが
次回がどんな商品になるか楽しみです。
[PR]
by mitsuyado | 2013-03-02 21:45 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

バルサの精神

kobayashiです

最近は本を月で5冊は読めるようになりました。
というより気になる本は手当たり次第読みあさっている感じです
(思考が路頭にまよっているのかも・・・)

大分前に買った本ですが
「グアルディオラのサッカー哲学」FCバルセロナを世界一に導いた監督術
e0173239_232527.jpg


組織をつくっていく店長やオーナーにとっても参考になるかなっと思います。


サッカーのバルセロナの強さの秘密や組織としての考え方
また教育や環境整備などのことが書かれています。

サッカーの組織の話ですが、仕事 お店でも置き換えて考えられると思います。
一応ビジネス本なので

「監督」がすべき役割として あげられている7つの項目

1、目的を達成するために、すべての選手が明確に理解できる戦略を持つこと
2、各個人にプロとして不可欠な責任を与えること
3、先発メンバーの決定などに透明性を持たせること
4、選手にはプロフェッショナルな精神を持って対応すること
5、選手がやりがいを感じ、能力を発揮できるような環境を作ること
6、結果を出した選手への評価を適切にすること
7、監督としてリーダーシップを持ち、自分の考える戦術や選手交代によって
 それぞれの選手が能力を最大限発揮できるようにすること

とあります。

まだまだ本の中には組織としての考えがたくさん詰まっています。
ぜひに読んでみてください。
とくにサッカー好きなら


今回カレーのココイチが
ラーメンの業態を秋葉原に出したということで
食べにいってきました。

「元祖 尾張中華そば」

鳥ガラと魚介のあっさり醤油ラーメンです。

あとココイチだけに、カレーラーメンやご飯もので揚げ物もありました。


(いろいろ写真をとったけどここにアップできない・・・)

唯一商品の写真は載せれました。
e0173239_0115661.jpg


個人的には、もう少し濃くてもいいかなって思いましたが・・
トータルとして、バランスのとれた商品でした。

今度はカレーラーメンを食べてみます。



ちなみにやっと娘が産まれました。。
まったく女に見えないってか猿・・・?



ただ、今回の出産を見てやっぱ女性はすごいというか
女性にはかなわないって感じがします。


ただ、ただ感謝
ってまだ子供に会っていませんが・・・

今日これから会いにいってきます。
はっきり言って抱き方すらわからないが・・(;一_一)
[PR]
by mitsuyado | 2013-02-02 10:39 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

新年明けましておめでとうございます。


今年は巳年ということで
年男の
kobayashiです。

去年は何度か壁にぶち当たる感覚がありましたが
多くの方に迷惑をかけまた助けられ 
自分でも学び行動してきたことで越えれた感覚はあります。

ありがとうございます。

ただ、越えるたびにすぐ壁がでてくるところが、楽しみの一つでもありますが
できない理由を考えるよりも どうしたらできるかを考えて

タイミング的にも今年1年は、限界を決めずにいけるところまで
追い込む年にしようと思います。

今日朝起きたら、情報番組で東京駅のラーメンストリートの「麺や七彩」がでていたので
そのネタを

麺や七彩は喜多方ラーメン
e0173239_19223389.jpg

e0173239_19231710.jpg



麺に特徴があり
オーダーをとってから手もみでちぢれさせています。(約30秒)これが見た目よりも
以外に難しい・・・(むかし自店で賄いでやってみたけど)

e0173239_1921512.jpg


e0173239_19235099.jpg


今日手もみのやり方をみて盗んだので
今度試してみようと思います。

あと
気になったのは店内レイアウト
広くはないスペースですが
製麺室 キッチン 客席(カウンター約15 ボックス席4名かけが2つ)

アイドルタイムでの
少人数体制は今後の三ツ矢堂製麺の課題の一つでもあると思います。

適正な人数でかつ効率よいレイアウト また店舗の雰囲気も壊さずに
オペレーションの「1歩」にこだわることが大切なのではないかと、感じています

昨年は壁にぶち当たるたびに本屋にいき
たくさんの本を読みました。

悩んだり壁に当たったら本を読むことはおすすめです。

昔に大ヒットした「夢をかなえるゾウ」の続編?
「夢をかなえるゾウ2~ガネーシャと貧乏神」の中でも書いてありましたが

ガネーシャ
「仕事、お金、人間関係、幸せ・・・・人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。
そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の
悩みを解決するためにずっと昔から作られてんねんで。
その「本」でも解決できへん悩みちゅうのは何なん?

自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?


ってことで
去年読んだ本の中で
このタイミングでお勧めする本は

e0173239_19411257.jpg


「mission」元スターバックスコーヒージャパンCEO
岩田 松雄

内容に関してはあまり押し売りしても意味ないので
興味を持った人は見てください。

興味を持った時点で必ず何か得るものはあります。

いろいろ仕事で悩むこともありますが
今一番の悩みは 今月生まれる娘の名前が全然決まらない・・

昔のゲーム「ドラゴンクエスト」ですら主人公の名前をつけるのに
半日はかかっていたので・・・

姓名判断の本をかって考えたけど 余計迷宮に入っています。
インプットはたくさんしたけど最終的にアウトプットは自分次第ってところなのかな
[PR]
by mitsuyado | 2013-01-05 19:55 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

娘さんをください。


kobayashiです。

前日のブログとかぶりますが
茨城 イオンモール水戸内原店がオープンしました。

e0173239_183188.jpg


静岡のオープンから前橋 おおたかの森 水戸と立て続けの立ち上げでしたが

オープンベースでみるとひとまずといった感じです。

まだまだ課題もありやることがありますが・・・

水戸のイオンに入っている飲食店です。この中でトップを狙います。
e0173239_1832695.jpg


このオープンも 優秀なトレーナーなくはオープンさせられなかったです。

高橋有君 石上さんこの二人がいたからこそここを越えれたと感謝しています。
ありがとうございます。 フィリピンには私もチャンスを見つけて自力でいってみようと思います。
有君フィリピン頑張って楽しんでください。


また透さんや小林大輔さん 結城君も大変力になってくれてありがとうございます。

これらを出動させてくれる 直営店には無理をさせてしまっています
大変申し訳なくまた感謝しています。

オープンにはたくさんの人が関わって新しい場所ができてきます
新しい店舗(土地)に行くたびに地域性というか
キャラクターがあって楽しみの一つです。


今回の水戸店の店内には今までにはないものがあるので
機会があれば見に来てください。

e0173239_18331622.jpg


オープンがひと段落したのもつかの間

オープン並みに一世一代のイベント

今度は 彼女(すでに嫁)の両親にごあいさつをしに彼女(すでに母?)の実家の鳥取に12月8日にいきます。
話すと長くなるので短縮すると 世間でいう順番はめちゃくちゃになっています。

まー土下座と殴られるくらいは覚悟の上で乗り込んでいきます。
[PR]
by mitsuyado | 2012-12-08 11:02 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

新規オープン

kobayashiです。

昨日11月10日 千葉の流山おおたかの森S.Cに三ツ矢堂製麺がオープンしました。

オープンラッシュに追われていますが、立ち上げのスペシャリストがついているので
安心してまかせていますが・・・それにしても

オープンのたびに初めて降り立つ土地に刺激を受けている日々です。

お店とライバル店の写真です。
e0173239_17593657.jpg


e0173239_1804047.jpg


これからも新しい土地でいろいろな人たちと出会えるように
自分たちが三ツ矢堂製麺を盛り上げていきます。


この前FMを聴いていた際に
おすすめの本の話になりこの本の話がでていたので
買って読んでみました。

e0173239_18214940.jpg


内容は仕事とはあまり関係なかったですが
その中で
気に入ったフレーズがあります。

Be the change you wish to see in other people.

Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to forever

「あなたが見たいと思う変化に、あなた自身がなりなさい」

「明日死んでしまうかのように生きなさい。 そして永遠に生き続けるかのように学びなさい」

ってな部分。頭に入れて置いているつもりでもいつも忘れるので
書くことで自分のものにしていこう
[PR]
by mitsuyado | 2012-11-11 18:34 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

つけ麺博最終組


SV kobayashiです。

現在、開催されている「大つけ麺博」

e0173239_19442790.jpg


9月27日~10月17日まで
3週にわたって1週づつ3部構成で開催されています。

第一陣と第三陣の部はいきましたが
第二陣はいけなくて残念でしたが

そんなこんなで私が興味をもった
厳選6店舗(これ以上並べなかった・・)

新潟県 麺屋あごすけ(第一陣)
福岡県 龍の家   (第一陣)
東京都 牛骨らぁ麺 マタドール(第一陣)

東京都 六厘舎本店(第三陣)
東京都 一燈  (第三陣)
宮城県 五福星 (第三陣)

個人的な順位は

一位
新潟県 麺屋あごすけ(第一陣)
e0173239_199107.jpg

(スープの濃さ8)
濃厚白湯と魚介スープ
米粉入りの中太麺

エビのスープの濃厚さはバランスが良かったです。
またスタンダードの状態でコストパフォーマンスも高い

二位
東京都 六厘舎本店(第三陣)
e0173239_1915169.jpg

(スープの濃さ10)
動物魚介スープ
太麺

本店という事もあり、かなりの行列でした。
王道といった感じ、甘さと動物魚介のスープのバランスがいい
並ばずに、なおかつ家の近くにあれば、週1はいきたいですね。

(噂では週1で営業しているとのこと・・・)

第三位
東京都 一燈  (第三陣)
e0173239_19234697.jpg

(スープの濃さ6)
鶏白湯魚介
中太麺

とみ田で修行して今では
つけ麺本上位の常連

スープは鶏が強く、そこまで濃厚ではないので
女性受けする味。

チャーシューはここが一番良かったです。

あとの店舗

東京都 牛骨らぁ麺 マタドール(第一陣)(塩)
e0173239_19304257.jpg


宮城県 五福星 (第三陣)(えび)
e0173239_19311512.jpg



福岡県 龍の家   (第一陣)(もつ)
e0173239_19321488.jpg



今回傾向として
エビを使ったスープが結構あり、それがお客さんに多く支持されていたように
思います。

他にも変わり種は沢山ありましたが
塩はつけ麺ではまだまだ難しいところなのかなっという感じで
逆にチャンスなところかと

スープは色々試行錯誤を重ねクオリティは高いものが多かったです。

麺はまだ枠にはまった中でのせめぎ合いのような感じ
圧倒的に他店よりも高いものを出せれたら、おもしろいんじゃないかな

優勝賞品としてテポ
e0173239_1943586.jpg


優勝の金はいいけど
銀 銅は合羽橋に行けば普通にあるテポでは・・

一番欲しいのは赤かも
[PR]
by mitsuyado | 2012-10-15 18:43 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

新たな場所で

kobayasiです。

今月に引っ越しをしました。
住み慣れた四ツ谷をでて、今は西葛西に引っ越しました。

四ツ谷と西葛西の違う点は色々ありますが
一番の違いは、ファミリーの多さです。

休みになればどこのお店も家族連ればかり、また街自体も
子供や家族が多く、あまりの多さに戸惑いを覚えています。

まずは新しい場所に馴れるためにもいろんなところを見ていきたいと思います。

その中で葛西に「ちばき屋」があるので、家から徒歩で15分くらい歩いて
行ってきました。

e0173239_738752.jpg


「ワンタンラーメン」「骨付き叉焼ラーメン」を注文

e0173239_7371695.jpg

e0173239_7493920.jpg


家族連れも多く、女性客もカウンターでしたがお一人で来ているかたも
多かったです。

印象として
スープは子供が好きそうなあっさりしたスープで
万人受けするラーメンでした。

あとキッチンがめちゃくちゃ綺麗です。
設備的にはそこまで新しくないですが、キッチンのステンレスを見れば
そこが掃除をしているかどうかははっきりわかります。

ここは毎日清掃を徹底しているお店でした。

あとはトッピングを乗せることで色んなバリエーションは増えてきますが
コストパフォーマンスが上がるように感じました。

見習うところは色々ありますが、キッチンのクレンリネスは
我々も見習わないければならないと感じました。

江戸川区の人口は23区の中で第4位と
人はかなり多いですが、朝のラッシュにつかまらないように
今は毎日6時には電車にのって7時には会社につくように
していますが、結構馴れるまではまだ時間が掛かりそうです。
[PR]
by mitsuyado | 2012-09-18 07:49 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

タイ麺(パッタイ)

kobayashiです。

今まで四ツ谷に住んでいましたが
この度引っ越すことになりました。

お盆休みはほとんど、区役所や警察など普段平日でしか行けないところにいき

色々手続きを行って、結局ほぼどこにも行けなかったです。
また身内が亡くなったので実家に帰りたかったのですが

結局帰れなかったですが・・・・


そんなお盆休みの中で、近くのタイ料理店「JASMINE THAI」というお店に
行ってきました。

六本木に本店があり、四ツ谷と八重洲にあるタイ料理店です

e0173239_13531869.jpg


e0173239_1353585.jpg


私は気になっていたパッタイという台風やきそばを頼みました。
平うちの麺と野菜。サクラエビなどをレモンを絞って食べるタイの焼きそばです。

e0173239_1355254.jpg


今は個人的な、目論見ですが
汁なしの麺を新しく作れないかとひそかに企んでいます。

今後、汁なしの強化も必要だと感じています。

来年のお盆は実家に帰り、お墓参りができるように
まっとうになるように努力していきます。

みなさんもたまには実家に帰り、先祖を大切にすることをお勧めします。
[PR]
by mitsuyado | 2012-08-22 13:47 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

会社

kobayashiです。

暑くなってきて、外を歩くことだけでも
つらい時期になりました。

ただ、我々の業態としてはいい時期に入ってきました。

最近、会社でビアガーデンにいきました。
予約を取る段階で、なかなか予約が取れないほど
人気があるというよりも、お客様(世の中)は季節感や今しか味わえない事に
敏感であり、興味が高いんだなと痛感しました。

三ツ矢堂製麺としても
季節感や今だけという新たな商品を今後も開発していこうと思います。

その為にもジャンルを問わず、色んなお店に行き勉強することが
大切だと感じます。


今回は新宿ルミネの上にある
けいすけにいってきました。

ここは色々なスモークをウリにして
女性客をターゲットに塩味のラーメン・つけ麺でした


e0173239_11242680.jpg
e0173239_11244219.jpg


今私的に、興味があるのは

「チャーシュー」と「塩」
ここをこだわっていまよりも、もっと味をよくできないか
三ツ矢堂製麺のチャーシューはもまだまだ、美味しくなると考えています。

変わらない所と変わり続ける事が
必要だあり、会社は「法人」ともいい。人と同じ扱いを社会から受けています。

財布があり、寿命もあり。
人と一緒で成長していかなければ、戦っていけないです。

そこで働くスタッフスタッフの成長・会社としての成長
ここが今もこれからも課題に日々勉強していきます。
[PR]
by mitsuyado | 2012-07-26 11:15 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)

INSIDE OF MIND

kobayashiです。

最近気になっていたお店
「ハンバーグ WILL」にいってきました。

場所は新宿御苑にあり、連日行列ができています。

ソースは3種類。
デミグラスとホワイトと柚子コショウがあり。

トッピングとして約8種類近くの食材がありました。

e0173239_955686.jpg


e0173239_955247.jpg


私が気に入ったのは、もちろん味もそうですが
それ以上に2つありました。


まずは、スタッフが「美男美女」風  
これだけで行ってみようと思うのは私だけではないと思いますが

やはり飲食店は「かっこいい」と思わせる事、服装・見た目も含めて
これは大事だと思います。

もう一つは

「想い」です。
このお店の想いがメニューに書かれていたました。

e0173239_9541328.jpg


お店の目的を利益という方も少なくないですが
私はそれ以上に大切なものがあると思っています。

もちろん利益がなければ死にます
ただ、利益は人間に例えると、水や食べ物だと思います。

それを取れなければ、死んでしまうと思いますが
水と食べ物をとる事を人生の目的にして、生きてはいないとはずです。

自分の人生の目的
またお店の目的は「想い・理念」が絶対に大切。


IDCの理念は

1新しい食のシーンを創造し、世界中に広める。

日々の生活の中で、食というのは大きな楽しみの一つである。
過去そして現在においても新しい食のシーンの登場によって人々にワクワク感、
ドキドキ感をもたらしてきた。IDCも新しい食のシーンを創造することによって
さらなるワクワク、ドキドキ感を提供することを使命とする。
また、一人でも多くの人に、この食の楽しみを広げていきたいと考える。



2お客様への究極の満足を目指し、それによりIDCに関わる人々すべての豊かさを実現する

IDCに関わる人々は、IDCの社員やその家族、フランチャイズ・チェーンの加盟店 
お取引先、ひいては原材料の生産者まで広きにわたる。
そのIDCに関わる人々へ、企業として提供できる「豊かさ」とは
労働環境、待遇、仕事に対する達成感、事業の発展などである。それらの「豊かさ」を
提供・実現するためには、お客様の「満足」というものを常に考え、努め、それを継続する必要がある。



3良き社会人を育て、世の中に貢献する。

人間は人生において働いている時間が一番長い。そこにおける労働環境の影響はすごく大きい。
IDCとしては仕事の内容だけでなく、良き社会人としての理想を掲げて、そういった人間に成長すべく、仕事を通じて人間形成の教育をしていきたい。その教育によって培われた常識、見識、技術、コミュニケーション能力、人間性(魅力ある、人が寄ってくる、人に好かれる能力)などを発揮することで、個人の将来、ひいては会社、業界、日本社会にとって価値を生み、世の中に貢献することにつながっていくと考える。


この想いを実現させるために、さらに進んでいきます。
[PR]
by mitsuyado | 2012-06-29 10:11 | kobayashi(t) | Trackback | Comments(0)