マグロがキーボードを叩く日曜日

中目黒店 青柳です。

最近つくづく思うのですが、インターネットってホント便利ですよね。

欲しい本や洋服、電化製品や家具、ラーメンやつけ麺まで、
欲しいモノは注文すれば1~3日ぐらいで届くし、
音楽や映画、本やアプリケーションはCDやDVDといったメディアではなく、
ダウンロードですぐに手にする事が出来ます。

情報交換や人付き合いはSNSという仮想現実空間が形成されているし、
欲しい情報はGoogle大先生に聞けば何でも教えてくれる。
英語が分からなくても、iPADやスマートフォンがあれば、リアルタイム翻訳で会話が出来る。

インターネットの無い時代から生きてきた自分にとっては、
物販/流通の世界に革命を起こしたインターネットの普及によって、
現代の世の中は(特に地方在住の人にとっては)本当に便利になったなーと感じます。

それと同時に、最近ふつふつと感じる事があります。

それは・・・





























ナンカ(・ω・)ツマンナイ






























…そう、何だか最近ネット不感症になってしまった僕は、つまらないんです。

何というか、特にネットで何かを購入するという選択肢が自分にとって、
最近、とても面白味が無いんです。

これはネット批判とかそういうのではなく、
むしろ僕はネットの世界にどっぷり浸かっているほうだと思うのですが、
最近僕はネットで何かを購入すると言う事が、殆どありません。

もっと言えば、ネットで買えば翌日には届く本を、
わざわざ神保町まで行って買ったり、
ネットで即ダウンロードできる音源を、
わざわざ音質が劣化する中古のレコードで探して買ったりしています。

この不毛にも思える行動は、
別に懐古主義とかそういうことではなく、
商品を手に入れることに対する、
「自分なりの付加価値」の部分のような気がします。

こう思うようになったのは結構最近の事なのですが、
僕は「モノを手に入れる」という事に対して、欲が少ない様な気がします。
それは洋服であったり、車であったり、家であったり。
ただ、そのプロセスの部分と言うか、手に入れるまでの工程を楽しむことには、
人並み以上の努力をするし、また歓びを感じるような気がします。



きっかけは日曜日の、渋谷区宇田川町だったと思います。
昔よく行っていた巨大レコード店に久しぶりに行った時に、
そのお店はネット販売主体の雑貨店+倉庫のようになっていました。

それ以外にも、10年前にあったレコード店は8割以上無くなってしまったし、
残っているお店も、殆どが主力商品をそれ以外に変え、細々と営業していました。
大手のHMVも無くなってしまったし、タワーレコードも閑散としています。

その光景を見た時は本当にショックで、
時代の流れだから仕方ないという気持ちと同時に、
その責任は状況を知りつつもお店を捨ててきたユーザーにもあるんだな、
そう考えると、何だか悲しい気持ちになりました。

神保町の本屋も壊滅状態で、
僕は休日にぷらっと神保町に行きたくなる事があるのですが、
最近は街並みがすっかり変わってしまい、
訪れるお店も無くなってしまいました。
(個人的最強二郎、ラーメン二郎神保町店には行きますが…)

ネットの普及で生活は格段に便利になりましたが、
これは大手の独占/寡占市場を形成する要因となります。
これは、中小/個人事業主の生き残りや参入を、難しくします。

「同じ価値のモノを売る」

という、差別化の難しい物販業界では、市場規模が価格と比例する為、そのダメージは甚大です。
(飲食業は、どちらかというと差別化で勝負する業界なので、被害は深刻ではありません)

AMAZON、楽天、YAHOOといった大手の革命的なEC販売戦略によって、
世の中や人々の生活は飛躍的に便利になりましたが、
そこに存在したマイノリティ文化は、どんどん失われつつあります。

それは思考や思想、感情や文化の画一化/平均化にも繋がるような気がします。

それ以上に、そういったマイノリティ文化を経験してきた一個人としては、
単純に何だか悲しい気持ちになります。

「じゃあネットを使わなければいい」

というような退廃的な思考では無く、
僕はそことの共存が必要だと思います。

使える部分はうまく使い、大切にしたい文化を尊重する。

そういった生き方をしていきたいなー。

衰退していくアナログ文化を目の当たりにして、ふとそう思った日曜日なのでした。

e0173239_950756.jpg


e0173239_1044256.jpg

ちょもらんま 山@渋谷
→話の流れとは全く関係ありませんが、最近食べた中で一番インパクトある一杯でした。

食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13132908/





今月の一冊

日本人にしかできない「気づかい」の習慣 - 上田 比呂志
e0173239_9392985.jpg


AMAZON
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%81%A8%E4%B8%89%E8%B6%8A%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8C%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%8B%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3-%E4%B8%8A%E7%94%B0-%E6%AF%94%E5%91%82%E5%BF%97/dp/4844371339

ズバリ、「ディズニーと三越」という対比表現でタイトル買いしました。
非常に濃い内容が詰め込まれていて、驚かされました。
ビジネス本というジャンルになるとは思うのですが、
人生を生きる上で、身につけて損をしない教訓が詰まっています。
久しぶりに満足度が高い本でした。



ではまた来月。
[PR]
トラックバックURL : http://mitsuyado.exblog.jp/tb/17860750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mitsuyado | 2012-04-26 10:14 | aoyagi | Trackback | Comments(0)