私小説家が憂う晩秋の月

最近自作カレー&自作チャーハンにハマっている青柳@83㌔です。

チャーハンといえばこのCMが泣けます。




「ご飯の数だけ、家族になる」 

弊社きっての凄腕料理職人、中目黒店のY良さんや本部のF瀬さん、本部のJさんあたりがこれを見たら感動で涙ボロボロ間違い無しです。

最高すぎます、東京ガス…。










…さて、今回ご紹介するのは現在飛ぶ鳥を落とす勢いのこの居酒屋グループ。

その名も

「居酒屋HANAKO」! 
http://i-hanako.com/

商品構成や価格設定は至って普通の北海道居酒屋なのですが、違っているのはホールスタッフが全員女性という事と、そのアバンギャルドな衣装です。

食事はそれなりのお値段ですがお酒に関してはむしろ他店より安く、総合的な客単価は3000~5000円が圧倒的に多いそうです。

僕は一年以上前に一度行ったきりだったのですが、久々にHPを覗いてビックリしました。

新宿、渋谷、池袋といった若者が集まる歓楽街から、神田、新橋、赤坂見附、大井町、錦糸町といった都内のビジネスタウンを狙った明確な立地戦略で、現在まで約4年で何と22店舗の直営店をオープン(!)しています。

更に驚きなのが、その中にはすすきの(北海道)、天神(福岡)、北新地(大阪)といった地方の各主要都市も含まれています。

物流担当者、凄腕ですね~(汗)。

最近では渋谷にPIZZA&BEERのCONAとコラボレートした「HANACONA」もオープン。
http://www.hanacona.jp/

はなこの特徴として、各店ごとにスタッフの写真/出勤状況を記録したブログと、話題のTWITTERを毎日配信して新規客獲得、そして常連客のリピートを誘います。

※ブログリンクは22店舗分あるので割愛

居酒屋はなこTWITTER
https://twitter.com/#!/izakayahanako

ちなみに三ツ矢堂TWITTERアカウントはこちら
http://twitter.com/#!/mitsuyado(公式)
http://twitter.com/#!/mitsuyado_A(公式その2。自分が更新してます)

いやーしかし物件開発、立地開発、物流戦略、営業企画、商品開発、WEB企画、WEB営業、マーケットリサーチ、全てにおいて非常にアグレッシブな会社ですね~。

その戦略的事業形態が気になり、運営会社を少し調べてみました。

運営会社 株式会社セクションエイト
http://www.section-8.jp/

代表取締役 横山淳司氏インタビュー記事
http://business-plus.sakura.ne.jp/interview/0908/36205.shtml

横山淳司代表取締役のブログ
http://ameblo.jp/section-eight/

法人会社としての設立は平成20年6月20日、そこから2年余りでここまで事業を拡大しています。

代表の横山氏は23歳で歌舞伎町に1号店をオープン、現在何とまだ27歳です。

はぁ~、勉強になります。。

SUGOI!!!!!

その横山代表のインタビュー内で共感した言葉があったのでご紹介します。



→ よく「飲食は人を幸せにする」と言いますね。でも私は、とてもではないですがおこがましくて、そこまでは言えません。
 ただ、お客様が店に来て、たった2時間前後という短い時間でもしっかりと楽しんでもらう。それがリピーターを増やすことにも繋がるのだと考えています。
 その際、実際にお客様に接するのは経営者ではなく、一人ひとりのスタッフです。
 …にも関わらず、飲食業は他の業種に比べて待遇が低く、離職率も高いのが現状です。
 接客も調理も非常に神経を使う仕事なのに、将来のビジョンが見えないと働く意義なんて見いだせないでしょう。
 そのような状況では「お客様に楽しんでもらうこと」を、とても提供できません。
 だからこそ私は、当社で働くスタッフたちに具体的な目標を示してあげたい。
 会社が大きくなっていけば、ここで頑張れば、次に新規出店があれば店長になれるかもしれない。
 さらに頑張ればその上も狙えるかもしれない。
 そう考えられるようにしてあげないと、能力のある人間の成長が止まります。
 それでは会社にも発展性が生まれません。
 要は、いろんな立場の人が先のビジョンをしっかり描けることが大切なんです。
 実際、弊社には20歳で、女性で、店長になっているスタッフもいます。
 アルバイトで入っても、リーダーシップをとって活躍できれば、1年くらいの頑張りで店長を任せます。
 そうすれば自然と定着率が上がりますし、「お客様に楽しんでもらおう」と考えて働けるようになります。

(中略)

→ 働くうえで一番大切なのは「目標」だと思います。
 出口が分からない、行く先が分からないと、途中で迷いが生じたり、頑張るべきときに頑張れません。
 目先の目標でも、5年~10年先の目標でも、死ぬまでの目標でも、なんでもいい。
 しっかり目標を持ったうえで仕事をしていけば、自然と良い雰囲気で働けるし、結果にも繋がると思うんです。
 私は経営者として、従業員に、働くことの楽しさであったり、働く意義であったり、やりがいであったりという部分を示してあげたい。
 飲食業に限らず、それが一番大切なことじゃないでしょうか。




















…うーん、良い言葉ですねぇ。。



















感(・ω・)動!!!




















横山代表、一時期流行った「なんちゃって若手ベンチャー起業家」の方々とは一味違うようです。

飲食業界では正直賛否両論ある事業形態ですが、個人的には

「今までにない絶妙な中間マーケット」

を狙った刺激的、かつ高需要の優れた営業形態だと思います。

その「居酒屋HANAKO」グループが現在ネット上で開催している一大企画がコレ。



HANAKO GIRLS GRAND PRIX 2010!!!!!!!!!!
http://hanako-gp.jp/ 



自社で勤務するアルバイトから各店代表を選出、投票するのは一般常連客、優勝者にはモデル・タレント・芸能界デビューをバックアップという、「芸能アイドルオーディション」スタイル。

専用サイトを立ち上げ、YOUTUBEで候補者のプロフィールを公開しています。

こんな感じ↓



ここで重要なのが、基本現段階では公式WEBサイト構築以外には費用は全くかかっていない事。

芸能プロダクション側としても、新人発掘と宣伝が同時に行える事になります。

自社のアルバイトが自ら自店のブログやTWITTER、YOUTUBEで情報を配信。それを見た一般顧客がその店舗を訪れ売上に貢献。

コストは最小限に抑えながら、効果∞の広告宣伝スタイルで費用対効果バツグンです!

多店舗展開しながらも独自のスタイルである

「スタッフぐるみでのホスピタリティ」

「人間力を活かした顧客獲得」

「WEBを最大限に利用した広告宣伝術」
 


を駆使して事業を成功に導いています。

これなら全く同じ商品を扱った同ブランドの系列店でも

「近所のあの店舗はこの前行ったけど、次はこっちの店舗が気になるから行ってみるか」

となります。



うーん、絶妙!!! 



三ツ矢堂製麺も「スタッフの人間力を活かした営業戦略」、取り入れて行きたいですね~。

現在は模倣店もオープンする程飲食業界を震撼させているHANAKOグループ、横山代表率いる株式会社セクションエイトから今後も目が離せません!!!

























…け、決してあーたんにハマってるからブログのネタにしてるんじゃないですよ!? 

物流/商品開発部 青柳


e0173239_115829.jpg

カンケー無いですがつけ麺業界の神、大勝軒の山岸さんと撮っちゃいました~。
(目、つぶっちゃいましたが…)
[PR]
トラックバックURL : http://mitsuyado.exblog.jp/tb/13511321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mitsuyado | 2010-10-27 02:06 | aoyagi | Trackback | Comments(0)